【AS07】海魔王レヴィアタン

担当マスター:楽市
開始14/12/23 22:00 タイプ全イベ オプションお任せオプション
状況 SLvD 参加/募集127/― 人
料金600 Rex Rex 分類事件
舞台国フランス 難易度難しい

◆周辺地図
   

オープニング
●第四の預言
 12月19日。
 ルークス市国、ならびにルークス教の影響が強い国々で大々的に『大降誕祭』が祝われている中、それは起きた。
 場所はルークス大聖堂の一室。数日後にパーティを控えていた法王ヨハネス・ウェイン二世(sz0001)の身に、再び聖痕が刻まれたのである。
「‥‥なんという」
 ポタリ、ポタリと垂れる自分の血を見ながら、ヨハネスは知る。
 彼は徐々に体に文字が浮かび上がっているさなかに、見た。
 この世界の行く末、迫りくる滅びの1つの形を。
 それは、海に呑まれる世界。
 人々が暮らす街が、文明が、人々が、押し寄せる津波に呑み込まれ、押し潰されていく。
 これまでの預言とは違う、ここまで明確に未来が読み取れたことは今までにないことだった。
 ――それだけの脅威が、迫っている?
 ヨハネスには、神の声の全てが聞こえるわけではない。
 ただ、胸騒ぎがした。
 これから世界が迎えようとする、強い、滅びの気配。
 第四の預言には、こう記されていた。

『氷の大地に眠る者へ私は言葉を示す。
 私はあなたを知っている。
 あなたは神を名乗るが、あなたは実はすでに死んでいる。
 海の底に眠るあなたへ私は命ずる。
 目覚め、そして人の世のために礎となりなさい。
 あなたは、あなた自身を完全なるものと言うだろう。
 しかし私はあなたを完全なるものとは定めていない。
 だからあなたは悔い改めなさい。
 あなたが抱く悪しき心が人々を怯えさせている。
 あなたは私の意志を継ぐものに戒められるだろう。
 だからあなたは悔い改めなさい。
 もし目を覚ましていないのならば、私はあなたの全てを奪う。
 それがいつなのか、あなたは決して分からない。
 彼らは勝利を得るに相応しいだろう。
 あなたは敗れ、奪われ、そして嘆くことになる。
 だからあなたは悔い改めなさい。
 あなたが悔い改めたとき、悪しき力は栄光の礎となることだろう。
 海の王よ、悪しき心を持つことをやめよ。
 あなたの名はいのちの書から消えることは決してない。
 さすればあなたは神のそばへと赴くことを赦される』

●激震する世界
 12月21日。
 異常が人々の目に触れた、最初のタイミングだった。
「南極の氷が、異常な速度でとけている‥‥?」
 その話を聖戦機関の職員より聞いたエンリコ・アルベルティ(sz0002)は、耳を疑った。
 ケープタウンの戦いの直後から、ケルゲレン諸島を震源とする大きな地震が続いていた。
 地震によって発生した津波はケープタウンや、オーストラリア南岸、ニュージーランドなどにも押し寄せていた。
 そのせいか、津波が届いている範囲では黒い霧の発生速度がかなり早まっていた。
 そこに、コレである。根耳に水もいいところだ。
「何が、起きているんですか‥‥?」
「私が、話します」
 と、告げたのは、いつの間にそこに立っていたのか、マリア・アンジェリーニ(sz0003)だった。
「マリア、目が覚めたのですか?」
「はい、ついさっき‥‥」
 ケープタウンでの戦いののち、マリアはエンリコと共に出かけたアジア地方の奉仕活動中に倒れ、意識を失っていた。
「みんなを集めてください。私から、みんなに話したいことがあります」

 ルークス大聖堂地下の作戦室に、SINNは集まっていた。
「みんな、来てくれてありがとう」
 まずはマリアが、SINN達にそう言って、頭を下げた。
「みんなに集まってもらったのは、今起きていることと、これから起きることを、説明するためよ」
 マリアのその言葉に、向かい合うSINN達の間に動揺が走った。
「なんで、マリアがそれを知ってるんだ?」
 当然すぎるそのSINNの問いに、彼女は答える。「アリアが教えてくれた」、と。
「‥‥今は、アリアのことは置いておくわ。それどころじゃないから」
 そして一息ついてから、彼女は話し始める。
「みんなも、知ってると思う。黒い霧が世界で広がってること。それは、あのアメリカでの戦い以来、どんどんを拡大してってる」
「現時点で、世界全土の人類の居住域の4割近くに、黒い霧が発生しているとのことです。ほとんどの場所では、まだ霧が薄い状態のようですが‥‥」
 聖戦機関職員の補足説明に、SINN達の間から漏れるざわめきはひときわ大きかった。
「黒い霧は、人々の不安が広がるだけ、その濃さを増して、広がっていく。このままじゃ、どんどん悪循環に陥っていくだけ。そしてこれが進んでいけば、きっと――」
 マリアが一度息をのんで、それから続けた。

「黒い霧の中で、全ての人類が、悪魔化する‥‥」

 黒い霧が目に見えるようになったキニスであるというのならば、それは、当然ことではあった。
 キニスは、全てのディアボルスの源とも呼べるもの。
 全世界がそれに包まれれば、全ての生き物はキニスに狂い、キニスに冒され、その身はキニスに蝕まれていくことだろう。
 全ての人類を悪魔化すること。それが、【獣の軍勢】の目的、なのだろうか。
「――これが、今起きていること。今、世界で起きつつあることだよ」
「‥‥‥‥」
 場が静まり返る。集まったSINN達は、誰も、何も言えなかった。
「これから起きることとは‥‥?」
 次に口を開いたのは、エンリコだった。マリアも、次にその問いが来ることを予想していたのだろう、頷いた。
「魔王レヴィアタン‥‥。その本体が、復活します」
「――そういえば」
 と、SINNのうちの誰かが呟いた。
 ケープタウンの戦いで、分身であるファルスレヴィアタン自身が言っていたことだ。「本当の私」、という言葉。
「今のレヴィアタンの姿は、本当の姿じゃない。本当のレヴィアタンは、神様に封印されてて、今の姿は一部でしかないの」
 他の魔王と同じく、己の世界を創生するだけの力を持った仙級ディアボルスが、実際は本体の一部でしかない。その事実は、さすがにすぐに受け入れられるものではなかった。
「本当のレヴィアタンは、もう、みんなも察してると思うけれど、ケルゲレン諸島。その地下深くに、ルシファーの封印と一緒に封じられてる。
 それは、最強の肉体。聖書によれば、神が直々に創ったとされる、全ての悪魔の中で、最も強い力を持っている身体‥‥」
「‥‥じゃあ、地震や南極の氷も?」
「そう‥‥。全部、レヴィアタン本体の目覚めの前兆よ。本体は、ケルゲレン諸島そのものより、大きいらしいから」
「な‥‥」
 さすがに皆も言葉を失う。そこまで巨大なディアボルスの話など、聞いたこともなかった。
「目覚めれば、それだけで南極大陸の氷全てがとけるかもしれない。そうなったら、海の水位が急激に上昇して、世界の何割かが、海に呑まれるわ」
 話を聞いて、想像しようとする。だが、とてもではないが想像できない。本体とやらが目覚めるだけで、一体、どれだけの犠牲者が出るのか。
 そして、目覚めたレヴィアタンの本体を倒すことができるのか、という、当然の疑問と、莫大なる不安。
「完全に目覚めたら、きっと、私達の負けだね」
 マリアが、そう言いきった。
「――だから、備えて」
 彼女はSINN達に頭を下げる。
「お願い、みんな。もうすぐ戦いが始まる。魔王との、本当の戦い。これに勝てないと、世界は本当に終わっちゃうかもしれないの。だから――」
 話は終わった。SINN達は自覚する。
 ディアボルスの中核をなす【獣の軍勢】六大勢力。
 その一つである【海魔の軍勢】との決戦が、近づいているのだ、と。

●海魔王の目覚め
「ヒ、ヒヒ! ヒヒ、ヒャハハ、ハ! あ、ああ! もう、すぐ、も、も、もうすぐ、だ!」
 ケルゲレン諸島の火山火口付近。
 そこに露わになっている遺跡の中で、レヴィアタン(sz0015)は歓喜に打ち震えていた。
 感じるのだ、己の肉体の目覚めを。もうすぐ、もうすぐ、完全に復活する。それを感じて、喜びが、こみあげてくる。
「ベ、ベヒモス! ベル、ベルフェゴール‥‥! よ、喜べ、わた、私がもうすぐ――!」
「‥‥‥‥ム」
 背後に振り返り叫ぼうとする、だがそこにいるのは【海魔の懐】ベヒモスだけで、もう一体の直属の配下である【海魔の腕】ベルフェゴールは、先日、ついにSINNに討たれたばかりであった。
「ウ、う‥‥、ウウウウウウウウウ!」
 レヴィアタンが、いきなり嘆きの声を上げる。
「ベ、ベルフェゴール‥‥、よ、よ、よくも‥‥。SINN、よくも‥‥! SINN、SINN、許さない、ゆ、許さ、許さないイイイイイイイ!」
 ガツン、ガツンと岩肌を叩く。彼女は彼女なりに、部下を思う心はあるらしかった。
「‥‥とても、そうは見えないがな」
 呟いたのは、その場にいるもう一体の幹部魔将、【巨木の懐】ネビロスであった。さらに傍らには、『アンチクライスト』カリス(sz0009)もいる。
「レヴィアタン様の心は、レヴィアタン様にしか分からないよ。‥‥あ、ベヒモス様なら分かるかも、だけどね」
「お、お、おまえ達‥‥、な、何をしに来た!?」
「‥‥‥‥ム」
 警戒するレヴィアタンの前に、ベヒモスが立った。
「忘れたのか。手伝いに来たのだ」
 ネビロスが告げる。
「ネビロス様はそうだね。まぁ、こっちも忙しいから、割ける人員はネビロス様だけになっちゃうけど。‥‥ああ、僕は見物しに来ただけだから、すぐに帰るよ」
 カリスの言葉に、レヴィアタンは露骨に嫌悪の表情を浮かべている。
「別に、レヴィアタン様の復活を邪魔するつもりはないよ? 復活してもらった方が、こっちにとっても都合がいいしね」
「し、信じられる、もの、か! お、おまえ達の、言葉、な、なんて!」
「どうぞ、ご自由に。じゃあ、ネビロス様、僕は帰るね」
 肩をすくめて、カリスは魔王とその配下に背を向けた。
「そうそう。どうせSINNがここに来るだろうけど――」
 立ち去る前に、彼は少しだけ振り向いて、
「殺してやってよ。全員、全部」
 声の質が、違っていた。いつもの軽口と断じるには、熱と力がこもっている声だった。
「言われるまでもないことだ」
 頷くネビロスに、満足げに頷き返すと、カリスの姿が消える。その足元には、割れたアミュレットが転がっていた。
 地が震えた。レヴィアタンが足元を見る。このとき、彼女はもうすでにカリスのことなど忘れていた。
 この魔王にとっては、小虫一匹にも満たない存在である。
「クヒ、ヒ! ヒヒ! 人間なんて、こ、殺してやる! 全員、全員殺してやる‥‥! もうすぐ、もうすぐだ!」
 魔王の目覚めは、近い。

●ローランからの通信
 12月23日。
 クリスマスイブを前日に控えたその日、聖戦機関にケルゲレン諸島のポルトーフランセに停泊している一時拠点、フランス軍艦船ローランより緊急通信が入った。
『こちらローラン! 現在、多数のディアボルスに襲撃を受けている! また、ケルゲレン諸島に【生命の樹】の発現を確認! 至急、人員を派遣されたし! こちらローラン――』
 それは、戦いの始まりを告げる狼煙であった。

●戦いを前に
「希望は、あるわ」
 マリアが、皆にそう告げた。
 続くようにエンリコが、皆に現在状況を伝えた。
「ケルゲレン諸島の中心に、封印の目覚めの前兆である【生命の樹】が発現しました。
 それに呼応するように、地震の頻度が増しており、周囲では南極の氷の大規模な融解が始まっています。
 先日マリアが話した、魔王レヴィアタン本体の目覚めの前兆であると目されます。
 さらにフランス軍艦船ローランが、魔獣の群れの襲撃を受けています。ここ数時間で、敵の動きが急に活発になったとのこと、関わりは確実にあるでしょう。
 ローランを放置すれば、多数の乗組員が犠牲になるでしょう。それを許すわけにはいきません」
「でも、悪いことだけじゃないよ――」
 そこからは、マリアが引き継いだ。
「クリスマスのお祝いをすること。それが、そんな、日常の光景が、私達を助けてくれる。
 大降誕祭で、みんなが得た楽しい気持ち、いとしい気持ちは、世界の不安を、和らげてくれてる。
 私、感じてるよ――」
 彼女の言葉通りであった。
 ルークス市国を中心として、世界中で開催された『大降誕祭』によって人々が得た様々なプラスの感情によって、ここ数日の黒い霧の広がりは、停滞していた。
「これがなかったら、きっと、ケルゲレンまで黒い霧に包まれてたから‥‥」
 彼女の言葉が本当だとすれば恐ろしいことだった。最悪、ローランの乗組員が悪魔化していた可能性だってあったのだ。
「遺跡についてお話します」
 ここからは聖戦機関職員が説明を始めた。
「まず、遺跡周辺ですが、敵の姿は見えません。先日の魔獣撃滅作戦によって、全て排除されたからです。よって、ここに戦力を割く必要はありません。
 次に遺跡内部ですが、大きく三つに分かれています。第一階層、第二階層、第二階層の奥の祭壇です。
 おそらく、このそれぞれに敵が存在しているものと思われます。
 最後に艦船ローランです。現在、先んじて派遣したSINN達が食い止めていますが、長くはもたないでしょう。
 こちらには上級魔人と思われるディアボルスも確認されています。他、魔獣や下級の融魔もいるようです。注意してください」
「封印があるなら、私も行かなくちゃいけない。だから、みんな、頑張りましょう」
 マリアは皆に、そう告げるのだった。
「勝って、みんなでクリスマスをお祝いしましょう」

■PL情報
・遺跡の第一階層にはネビロスと吸血鬼と半魔の部隊が陣取っています。ネビロスは本物です。
・遺跡の第二階層にはベヒモスと上級アンカリオモンスターが陣取っています。ベヒモスは本物です。
・遺跡の祭壇区域にはレヴィアタンが陣取っています。レヴィアタンは本物です。
・連動シナリオの結果より、アメリカでの人々の不安の増大はありませんでした。黒い霧の被害がその分抑えられています。
・連動シナリオの結果より、ポルトーフランセ、遺跡入口の敵配置がなくなりました。
・全体イベントシナリオ「ケープタウンの災厄」の結果より、拠点配備と物資運輸は無事に完了しました。
・企画イベント「ケルゲレン撃滅!」の結果より、遺跡周辺の敵配置がなくなりました。
・企画イベント「大降誕祭」の現時点(OP公開時点)の結果より、艦船ローランでの黒い霧発生が防がれました。
・企画イベント「大降誕祭」の最終結果の最終結果により、このシナリオ中に限り全参加者は判定にGd1を得られます。
・上記の結果より、このシナリオの難易度が一段階下がりました。

◆登場NPC

 マリア・アンジェリーニ(sz0003)・♀・15歳?・エクソシスト・地・聖職者
 レヴィアタン(sz0015)・♀・?歳・?・?・?

◆マスターより

こんにちは、楽市です。
クリスマスを祝おうぜ、この戦いを終わらせてな! な、シナリオをお届けします。
これは全体イベント「【AS07】Leviathan」のメインシナリオです。
全体イベントシナリオは、没ありプレイングとして処理され、MVP(物語に重要な貢献をした者)を中心として物語が描かれます。
選択肢をプレイング第1行で【ア】のように記入し、次行より本文を続けて下さい。(複数選択肢不可)
このシナリオは12月23日午前から24時間程度の状況の物語となります。
企画イベント「大降誕祭」の結果が出た後という扱いになり、その結果に関する影響は出発時に反映されます。

ア:祭壇を目指す
 関連NPC:マリア・アンジェリーニ(sz0003)、レヴィアタン(sz0015)
 第四の封印とレヴィアタンの本体が眠る祭壇を目指します。
 リプレイはこの選択肢の参加者が祭壇に到着したところから開始されます。
 魔王レヴィアタン(本物)との直接対決となります。
イ:第一階層攻略
 遺跡の第一階層の攻略となります。ここで敗北した場合、残った敵は「ア」と「ウ」への増援となります。
 リプレイはこの選択肢の参加者が第一階層に到着したところから始まります。車両を乗り入れることはできません。
 幹部魔将ネビロスの部隊と吸血鬼が待ち構えています。
 痕跡:硝煙の臭い、特になし×6
ウ:第二階層攻略
 遺跡の第二階層の攻略となります。ここで敗北した場合、残った敵は「ア」と「イ」への増援となります。
 リプレイはこの選択肢の参加者が第二階層に到着したところから始まります。車両を乗り入れることはできません。
 幹部魔将ベヒモスと上級アンカリオモンスターが待ち構えています。
 痕跡:大きな足跡、かすかな冷気、獣毛
エ:ローラン救援
 魔獣に襲われている拠点のフランス軍艦船ローランの救援を行ないます。
 ローランには乗組員がまだ多数残っており、このままでは彼らが転移装置を使って逃げ切るよりも先に犠牲が出ます。
 痕跡:磯の臭い、濡れた足跡、羽毛×2
オ:その他の行動
 どの選択肢にも該当しない行動はこちらとなります。
 内容で判断させていただきますので、他選択肢に割り振られたり、採用率そのものが低い場合がありますのでご了承ください。

リプレイ
●第一階層:黒の軍勢
「来たか。神の愚息どもよ」
 第一階層はかなりの広さを持っていた。天井も高く、大規模な戦闘でも充分にこなせそうだった。
 敵も、そう考えているのだろう。すでにそこには、ネビロス率いる敵軍が整列し、布陣を終えていた。
「早く、行け!」
「う、うん‥‥!」
 その場に足を止めたSINNに促されて、マリア・アンジェリーニ(sz0003)は先に急ごうとする。
 だがネビロスもそれを特に止めようとはせず、敵軍が動くこともなく、彼女と仲間達は次の階層へと続く道を駆け抜けていった。
「よいのですかな?」
 剣を抜くダニエル・ダントン(sa2712)に問われても、ネビロスは何も答えず、サーベル型の邪剣の柄に手をかけた。
 そこには、相応の数のSINNも残っていた。この場に魔将がいる以上、看過できるはずもなかった。
「いきます!」
 先制攻撃は、SINN側。アイン・ネーダー(sa1289)。かざした手から放たれた火球が、戦場のド真ん中に巨大な火炎の花を咲かせる。
 しかし――
「無意味なんだよ!」
 真っ赤な炎を突き抜けて現れたのは、武装した兵士達だった。明らかに人ではない。
 半魔か、或いは、吸血鬼か。
「や、やれるだけのことは‥‥!」
 オズウェル・クローチェ(sq1494)が、己の影より、影の狼を具現化して兵士達へと差し向ける。
 その牙に喰らいつかれ、兵士の一人は傷口から血を溢れさせたが、その傷はみるみるうちに再生していった。
「あらあら、あなたがたも魔王の復活に興味がおありですかー?」
「フン‥‥」
 シャムロック・クラナド(sp9296)に尋ねられた兵士は、吸血鬼だったのだろう。彼女を見下すような目をして鼻を鳴らした。
 彼女はにこりと微笑むと、
「あなたがたにはここで天に召されていただきますね」
 一転、その顔を厳しいものに変えて、獣人へと姿を変える。
「やるしかないなら、やってやる!」
 近くで、獅子の獣人へと変じたラチェット・トーン(sp6693)が、ナイフを手に襲い掛かってきた中級の吸血鬼をその拳で殴り飛ばす。
 だが彼の背後へと、迫ろうとする者がある。半魔の兵士。物音を立てず、手にした警棒を高く振り上げて、
「ダセェことしてるなよ!」
 飛び込んできた御剣 龍兵(sa8659)が、三度、拳銃の弾き金を弾いた。
 さらに畳み掛けるように拳による手数を重ね、最後に首筋を打ち据えて、敵兵を昏倒させる。
「ワハハハハハハ! 超絶美形パラディン、ビート・アイン参上!」
 高々と叫ぶと、ビート・バイン(sf5101)がポーズをとって、手にした小太刀で半魔を切り伏せる。
 その刃は相手の超常的な治癒能力を抑制し、傷からは血が噴いていた。
「よーっし、変身!」
 ポーズを取ると、アーク・カイザー(sq0753)は隼の獣人に姿を変える。
 彼が相手をするのは、勿論、吸血鬼である。
「ヴァンパイアの相手は任せてくれ!」
「おいっすー! ついでにもいっちょー!」
 碇矢 未来(sp5129)が、アークが殴りとばした中級の吸血鬼を拳銃で撃った。
「そーれもう‥‥う?」
 さらに、追撃を仕掛けようとした未来が、急に激しい脱力感に襲われた。
 衝撃などがあったわけではなく、それゆえに自覚することができなかった。
「‥‥なん、だよ」
 この脱力感は、龍兵や、近くのSINN達も感じているようだった。
 明確な違和感を最初に感じ取ったのは、イーゴリ・トルストイ(sq0700)。
 元々、警戒していたということもあったが、彼は魔力を宿らせた眼鏡をかけて強く念じてみる。
 すると、裸眼では全く見えていなかった場所に、うっすらと、モヤのような影のようなものがあるのが見えた。霊体に違いない。
 それは、半魔が悪魔魔法によって生み出した霊体の群れだった。
「皆、その場から離れろ。――薙ぎ払う!」
 眼鏡を外したイーゴリが、魔法を成就して魔力を伴った重力波を、その口から発射する。
 SINN達は皆離れて、直後に、超重力の波動が霊体を吹き散らして消滅させる。
「ネビロス以外にも、こんなことができる者がいるとはな‥‥」
 窮地になる前に対応できたイーゴリだったが、敵軍の奥に控える魔将の姿に薄ら怖いものを感じるのだった。

●第二階層:異界の獣
 第二階層へと到着したSINN達を、巨大な炎の壁が出迎えた。
「‥‥危ない! 下がって!」
 エティエンヌ・マティユ(sj6626)がそう告げて、皆を後方へと下がらせた。
 そこは、範囲のギリギリ外縁。炎が、エティエンヌの握るCROSSの結界に阻まれた。
 まだ、SINN達がまともに戦闘準備も済ませていない段階での話だ。
 炎を噴いたのは、三つの頭を持つ異界の獣――ケルベロスであった。
 そしてさらに、
「エティ、まだ、来ます!」
 マリク・マグノリア(sp3854)が、上から迫るものに気づいた。
 それは黒い粘液。ベシャリと、ローレムの結界に当たって弾けたならば、その身はキニスを帯びているということになる。
「‥‥くっ!」
 ギョロリと、大きな目が結界の上からエティエンヌを見ていた。
 デモゴルゴン。
 これもまたアンカリオを通じて異界を渡ってやってくる魔神であった。
 ガツンと、デモゴルゴンが結界を叩いた。するとその衝撃に、媒体たるCROSSは砕けて、結界が消える。
「エティ!」
 マリクが、悲鳴じみた声をあげて、矢を放った。
 その一矢はデモゴルゴンの瞳に命中し、粘液の身体を持つ魔神は、それを嫌がるようにして後方へと退いた。
「‥‥今のうちに!」
 マイア・イェルワジ(sj7576)が祈りを捧げて、仲間に癒しのすべを宿らせようとする。
 だがすでにケルベロスがその屈強なる四肢で地を蹴って、SINNへと迫ってきていた。
「やらせねぇよ」
 獣の狙いがマイアであると見抜いた房陰 朧(sc2497)が、パペットで牽制に入る。
 横っ面を張り倒されて、ケルベロスは苛立ったか、二体のパペットへと吹雪の息を叩きつけて、一度引き下がった。
「今のうちだぜ、マリア!」
「‥‥うん!」
 狼牙 隼人(sa8584)に促されて、マリアと仲間達は先へと急ぐ。
 一方で、大半はその場に残って、異界の獣二体と、それらを両脇に侍らせている巨漢と対峙した。

「‥‥‥‥ム」

 【海魔の軍勢】の懐、地の獣王、幹部魔将ベヒモス。
 さらに、その後方には、異界の獣が現れたであろう、巨大な空間のひずみ――アンカリオがあって、黒い霧を周りに漂わせていた。
「えろうお強そうな敵さんたちばっかりやなあ‥‥。気張っていくしかあらしまへんな」
 と、ラティーファ・アミン(sq2900)が魔法を成就し、周囲の黒い霧を祓いにかかる。
 しかし範囲は狭く、大した影響は与えられそうになかった。
「来ますよ!」
 烏ツ木 保介(sd0147)が声を張り上げた。
 地を蹴ったのは、再びのケルベロス。だがすでにSINN達は、戦いの準備を終えている。
「僕たちは、退かない‥‥!」
 先駆けは癒槻 サルヴァトーレ(sc5529)だった。
 手にしたハンマーに魔力を漲らせ、彼はそれを思い切り振り回した。
 一方で、地を這いずり形を変えながら音もなく忍び寄ろうとするデモゴルゴンへは、アルベルト・ルードヴィッヒ(sa0074)らが向かっていく。
「全く‥‥、しんどいことになってるなぁ‥‥」
 小声でぼやくと、彼はCROSSを手に、
「それでも、そこそこ使えるエクソシストではありたいからね」
 詠唱を終えて、集まった光が、デモゴルゴンを直撃した。
 デモゴルゴンはビクンと震えたのち、尖らせた触手で反撃に出る。
「見え見えだな」
 だがそこに隙を見つけたダニエル・マッケラン(so1035)が、ライフル弾を叩き込んだ。
 これから始まるのは獣による蹂躙か、それとも、狩人たちの狩猟か――

●ローラン救援:船員救援
 甲板を逃げる船員の背後には、青ざめた人型の融魔が迫りつつあった。
 だが悪魔が見えない彼にはそれを知る由もなく、ましてや――
「世を乱す悪魔よ!」
 その融魔が、他の数体と共に走った雷光に貫かれてキニスに還ったことなど、気づけるはずもなかった。
「逃げてください、早く!」
 雷光を放ったエテルナ・クロウカシス(sp1494)に促され、船員は船内へと逃げていった。
「ケガをしている人はいますか? こちらに来てください」
 船員数名が船内に逃げると、ラウラ・シリングス(sq3234)が呼びかけている姿が見えた。
 その近くで、カイ・オウミ(sq3050)が、負傷した船員を魔法で癒している。
「これくらいで、大丈夫」
 と、告げる彼に礼を言って、傷の塞がった船員はさらに奥へと逃れていった。
「皆さん、こちらですよ!」
 と、転移装置近くまで走ってきた船員を迎えたのは、須経 蘭華(sb0118)だった。彼女はローレムを宿したCROSSを通路の一角に配置して、ディアボルスが入ってこられない緊急避難路を作っていた。
「こっちには敵は来てないみたいだね」
 蘭華と共に、船員の避難誘導を行なっていたミリーナ・フェリーニ(sa0081)が、アサルトライフルを構えながら伝えてきた。
 彼女の纏うパラディン正装を見たとき、大体の船員が安堵の表情を浮かべた。
『こちらメーコよ。機関室の近くだけど、今のところ敵の姿は見えないわ』
 蘭華のもとへ、メーコ・カトウ(sh3828)から連絡が入ってきた。
「そうですか、分かりました。一応、CROSSをそこに置いておいてくださいな」
『分かったわ』
 メーコには、蘭華からローレムを施したCROSSが渡されている。今は、そこまで敵が入り込んでいないようだが、用心に越したことはない。
 艦船ローランの内部は、それなりに広さがある。
 悪魔の襲撃によって、船員達は逃げ惑い、中には今も隠れている者もいた。
「こんなところに‥‥」
 物陰で怯えていた若い船員に、ラティエラ・テンタシオン(sb6570)が声をかけた。
 その船員の近くには、観葉植物。それが、彼女に船員の存在を教えてくれたのだ。
「もう、大丈夫だ。だから落ち着いて避難するんだ」
「う、わ、分かりました‥‥」
 彼女に背中を押され、若い船員が教えられた場所へと逃げていく。
 それを見送って、ラティエラは艦橋にいるはずのユビキタス・トリニティス(sa1273)に連絡を入れる。
『分かりました。‥‥では、引き続き探索をお願いします』
 艦橋で、持ち込んだパソコンを使って全体の情報伝達の管理を担う彼から指示を受けて、ラティエラは「分かった」と頷いた。
 一方、船外、甲板の上では、まだ逃げ切れていない船員を狙って、下級の融魔が迫りつつあった。
「どうか、お願い‥‥」
 戦う力は持たないが、それでも願うことはできる、と、リュドミラ・マシェフスキー(sd4001)が祈りを捧げる。
 しかし戦いは彼女の祈りの最中にも続き、
「こっちは通せないぜ!」
 船員へと迫ろうとする融魔を、ヤズゥン・ディガ(sa2434)が重厚な刀身を持った剣で切り裂いた。
「隙を見せましたな」
 一撃を喰らい、仰け反ったその融魔へ、ドワイト・カーバイン(sp3893)の操るパペットが追撃を仕掛ける。繋いだスレッドの効果が、その融魔の身体を凍てつかせた。
「ローラン乗組員は直ちに後退を!」
 叫び、有栖川 彼方(sp2815)がアサルトライフルから撃った弾丸が、甲板によじ登ってきた融魔の頭を砕いた。
「私は、私にできることをするの‥‥」
 栄相 サイワ(sa0543)がかざしたCROSSより白い炎が溢れ出て、ソレは融魔数体を包んで燃やす。
「そっちだ。これ以上、やつらの好きにさせるな」
 と、指示を出しているのは、軍服姿のジュラルディン・ブルフォード(sn9010)だった。自身、ガラではないと思いながらも仲間に指示を出すその姿は、なかなか堂に入っていた。

『まだ外に船員さんがいるんなら、早く逃げなさい! 安全な逃げ道は――』

 甲板に、突如として女性の声が響く。
 それは浮遊しているスピーカー内蔵型のパペットからの、ミラベル・ロロット(si6100)による呼びかけだった。
「こちらです。焦らず、どうか騒がずにお願いします」
「大丈夫、ここから先は安全だからね」
 先導役は、イーノク・ボールドウィン(sd3868)とダニエル・ベルトワーズ(sh5510)だった。
 けが人にはイーノクがサナティを施して、ベルトワーズはまだ逃げていない船員を導いてくる。
 その退路は、ベルトワーズ自身が通ってきた、いわば彼の進路であった道。ゆえに、その途中に危険がないことは確認済みだ。
 ミラベルの呼びかけと、彼が作った退路を通り、程なく、全ての船員は船内へと逃げることに成功したのだった。

●第三階層:封印の獣
 地獄のように寒い空間だった。
 第一階層を駆け抜け、第二階層を駆け抜け、辿り着いた第三階層。
 誰が、一体どのようにして築いたのか。
 誰が、いつ、築いたのか。
 全くの不明である。しかしそこには確かに――聖堂があった。
「き、き、来たな‥‥!」
「レヴィアタン‥‥」
 静謐にして荘厳たる雰囲気を漂わせている、地下の大聖堂。
 壁面に刻まれた巨大な聖印を背に、魔王はやってきたSINNと対峙する。
 マリアは、その姿を知っていた。かつての試練に於いて、彼女はレヴィアタンの姿をしたものとあいまみえている。
 しかし本物のレヴィアタンと相対するのは、これがはじめてのことだった。
「‥‥‥‥あの」
「みんな、寄って!」
 マリアが話しかけようとして、だが、レティシア・モローアッチ(sa0070)が鬼気迫る声で皆に告げて、己の感情を魔力によって広く展開させる。

「し、死ね‥‥!」

 空気が一変した。
 それは魔王の暴虐。生けるもの全てを屈服させる、絶対の恐怖を放つ業。
 魔王の名を冠するディアボルスのみが扱いうる、世界を己のものとする、魔界創世の力であった。
「あ‥‥」
 レティシアのカルマによって、レヴィアタンが放つ絶対の恐怖はマリアにまで届かない。
 しかし彼女は顔を青ざめさせていた。
 対峙する魔王は、こちらと会話するつもりなど、毛頭ないのだと、思い知らされたからだ。
 戦いはすでに始まっていた。前置きもないままに、魔王はこちらに牙を剥く。
「近付かせないで!」
 皆本 愛子(sb0512)がレヴィアタンへとパペットを差し向ける。
 魔王は、笑っていた。嘲笑である。
「お、玩具如きィ!」
 痩せ衰えた、小柄な少女の姿をした魔王が、パペットへと無造作に腕を振るう。
 破砕音がやけに激しく響いて、半ば破壊されたパペットが緩く放物線を描いて地面に落ちた。
 一撃であった。
「冗談‥‥!」
 レティシアが苦く笑いながら、己が錬成した弾丸を拳銃に込めて、レヴィアタンを狙う。
 魔神が持つ高い抵抗力を消失させる弾丸。彼女は発砲し、それは魔王の胸に命中する。
「な、な、なんだ‥‥、い、今の、は‥‥」
 さしたる痛痒もなかったように、魔王は嘲笑った。
「――援護を開始する」
 レティシアが答えを知る前に、テムジン・バートル(sa5945)がライフルを構えた。
 己が使える魔法を全て成就しての、彼の狙撃は、正確に魔王の額を射抜く。
 バキン、と、響いたのは硬い音。
「グ‥‥」
 レヴィアタンが小さく呻く。痛みは、一応あったようだ。
 だが実際のところ、砕けたのはライフル弾の方だった。地の獣王ベヒモスを従える、海の魔王。その肉体の強度は、やはり、見た目通りではないらしい。
 そして、彼女が狙撃によって漏らしたうめき声はただの一度。
 テムジンが二発、三発と狙撃を重ねても、もはやそれはレヴィアタンには通用しない。あらゆる意味で。
 魔王の肉体は、あらゆる外的脅威に即座に順応し、完全な耐性を得てしまうのだ。
「‥‥参ったわ」
 レティシアは今になって悟った。自分が錬成した弾丸は、効果を発揮していない。
 一発目の狙撃を見ても、本来あるべき威力に対し、魔王が受けたダメージは明らかに小さい。小さすぎる。
 彼女は知らなかった。
 魔神と魔王とでは、存在そのものが、全くの別物であるのだ、ということを。
「‥‥か、神の、子。神の子、お、おまえ、だな!」
 レヴィアタンが、グリと首を巡らせ、マリアを見る。
 その澱んだ眼差しに、マリアは思わず、「ひっ」、と、小さく声を挙げていた。
「マリア君、下がれ!」
 マリアの護衛を勤めている一人、陸奥 政宗(sa0958)が、果敢に魔王へ挑みかかる。
「‥‥ば、馬鹿、め! ぐ、ぐ、愚物、私の復活の、贄、と、な、なれ!」
 レヴィアタンは政宗の拳を軽く掴みあげると、腕を軽々振り回し、政宗の体を思い切り壁へと叩きつける。
「が‥‥」
 壁に刻まれた聖印に、政宗の体から噴き出た血がべったりと付着する。
 SINN達を前に、それは不敵な宣戦布告であった。
「さ、さぁ‥‥、わ、私の、復活を‥‥、い、い、祝え‥‥!」

●第一階層:祝われざる復活
 死は、誰にも等しく訪れる。
 それは人であっても、吸血鬼であっても、変わらない。
「が‥‥」
 悲鳴も上げず、心臓を貫かれた半魔は命の灯火を失って、地に倒れ伏した。
「‥‥イヤなものね」
 ウィリディシア・クレール(sj3049)が、戦場の一角に立って死した敵兵を見下ろしている。
 生前に罪を犯そうとも、死したのちまで罪を重ねることもないだろうと、彼女は敵兵の死体が重なっているその場所に、結界を宿したCROSSを置いた。
 あるいはそれはウィリディシアなりの供養のしかたなのかもしれなかった。
 魔将ネビロス。その真価は死者蘇生にこそあるのだと、彼女は知っていたがゆえの対処であった。
 だが――

「‥‥来たれよ、まつろわぬ者ども」

 ネビロスが動く。
 戦況を見据えながら、静かに、彼は邪剣を掲げると、彼は己の世界を場に展開した。
「――魔結界!?」
 それを知る誰かが叫んだ。屋内たるこの場所の景色は、しかし変わらない。だがここが外であったならば、そして昼間であったならば、変化は一目で理解できただろう。
 「陰府」――黄泉、冥界とも呼ばれるその名を持ったこの結界は、まさにネビロスの真価である。
 そしてそれは、ウィリディシアの想定を、大きく超えていた。
「な‥‥」
 ネビロスの周りに現れたのは、数十にも達する異形の影。それらを知る者もいた。知らない者もいた。
 炎を纏う獣頭人身がいる。三つ首の全身鎧の異形がいる。二つ首の異形がいる。
「フラウロス‥‥、それに、ゲリュオン‥‥!?」
 その全てが、上級のディアボルスばかりであった。
 死した人を操ることが分身体の能力ならば、本体の能力は、これ――死した魔神の復活である。
「フフ、クックック、美しい。美しいな、これは!」
 いきなり笑い出す者がいた。それはネビロスのそばにあって、ずっと傍観を続けていた者だった。
 吸血鬼の存在を知覚するすべがあれば知れるだろう。その男も吸血鬼だ。それも、最上位のオリジンに属する者。
「私もそろそろ舞台に上がらせてもらうぞ、監査官殿」
「好きにされよ、『人形遣い』公」
 言って、吸血鬼侯爵『人形遣い』は、クイとその指を曲げる。
 するとどうだ、すでに討たれた中級の吸血鬼や半魔の身体が数体、まるで生きているかのように、起き上がってきたではないか。
「往け、私の『人形』達」
 ウィリディシアの張った結界をすり抜けて、起き上がった死体は武器を手にとって、よどみない動きでSINN達へと向かう。
 それはヴラドと呼ばれる、呪縛の魔法。死したる者を永劫の人形へと変える、『傀儡のヴラド』であった。
「なんて、こと‥‥!」
 起き上がった死体に撃たれた肩を抑えて、ウィリディシアが後方へ下がろうとする。
「ウィリディシア‥‥」
 ブランシュ・ブランシャール(sp4332)が、彼女の方に寄ってくる。ブランシュはエンジェリング。ウィリディシアの傷を癒そうとする素振りを見せて――

「貫いてあげてください」

 彼女の腹に、ナイフが突き立った。
「は‥‥?」
 腹部への灼熱。激痛と。
 驚きに目を見開くウィリディシアが、ブランシュの方を向く。
 すると、そのさらに向こう側に、赤い髪の、見覚えのある男の姿があった。
「あ、なた‥‥」
「お久しぶりです」
 ブランシュを魅了したメフィストフェレスが、顔色を蒼白にするウィリディシアへ、優しい微笑を差し向けた。

「――河の左右に生命の樹ありて十二種の実を結び、その実は月毎に生じ、その樹の葉は諸国の民を癒やすなり」
 ヴェルンハルト・ラヴィーネ(sp3868)の硬い声が詠唱を結び、狭い範囲にいる仲間達を魔力が包み込んで、魔結界の障害を取り除く。
「いける‥‥!」
 身体にかかる負荷が消えて、シュナイト・ヴァール(sp7330)は拳を握ると、魔法を成就。
 自らの皮膚を鋼にも等しい強度に変えて、『人形遣い』が控える場所へと突っ込んでいこうとする。
 だが護衛の中級吸血鬼が、それを遮らんとした。
「こいつでも、浴びていろ!」
 だがカーク・ルッフォ(sc5283)が、魔法の成就によって清い光を帯びたCROSSを、そこに投げ込んだ。
「ぐ、ゥが!」
 光を浴びて、中級吸血鬼共が苦痛に呻く。
 シュナイトがどこに生じた隙へと、身を飛び込ませた。
 だが次に響いたのが、ガシャンという、何かが砕ける音。いきなり、カークが投げ込んだCROSSが、何かに踏み潰されたようにして、壊れたのだ。
「何が――」
 と、カークが疑問を口にする前に、シュナイトの声が、彼の耳を衝いていた。
「うっ、ぐぁ、あ!」
 彼が皮膚を硬質化させていなければ、その一撃で倒れていたかもしれない。それほどの重さと鋭さを持った一撃であった。

「ク、クハ、クハーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!」

 哄笑が響く。
 その一閃をもって、光を全て透かしていたその身体が、SINN達の前に姿を現した。
「お、まえ‥‥!」
「つまんねェ小細工してんじゃあねェぜ、小兵共がよォ!」
 そこに現れたのは、背に黒い翼を持った、漆黒の全身鎧の戦士。手にした剣の切っ先からは、シュナイトの血が滴っている。
 カークはその存在を知っていた。彼にとっては、忌まわしい記憶を想起させるその名は、
「――グラシャラボラス!」
「ヒハーッハッハッハッハッハッハ! ご名答、よくできました! また会えたな、嬉しいぜSINN共、さぁ、再会を祝して殺し合いだ! 逃げてくれるなよ!?」
 漆黒の戦鬼が翼を開き、兜の奥の瞳を爛々と輝かせた。

「全く、とんでもないね!」
 十文字 翔子(sf7297)が、復活魔神の群れへと、渾身の雷光を放った。
 それは一撃で魔神を屠るには到らないが、敵の気勢を挫くには充分な効果を発揮する。そして生じた隙間に、リュカ・フィオレンツィ(sk3006)が突っ込んでいった。
「『倒せない敵』だったら、『行動不能』にすればいい」
 氷の結晶を纏った彼の拳が、魔神の身体を凍結に寄って縛ってゆく。威力ではない、手数が、彼の攻撃の主軸である。
 さらに――
「ハッハァ! 悪魔も吸血鬼も、将軍サマに率いられて群れてンのかよ、情けねぇなァオイ!」
 現れたのは鷹宮 奏一朗(sp8529)。
「教えてやるよ、ホンモノの獣ッてヤツをなァ!」
 狼の獣人となって、彼は、魔神も吸血鬼も半魔も関係なく、獣としか言いようのない暴れっぷりを見せた。
 だが音が、彼の勢いを殺す。
 突如として、場を満たす耳障りな不協和音。奏一朗の鋭敏な聴覚が、その音を必要以上に大きく捉える。
「獣、だァ‥‥?」
 苛立たしげな声が、その雑音の中にもはっきりと聞こえた。
「キャンキャンうるせぇだけの野良犬が。全く、よく吼えるだけが考えなしの馬鹿の取り柄か? あ?」
「‥‥なんだ、てめぇは」
 奏一朗が睨んだ先に、全身に蛇の刺青を入れた、短い金髪の男が立っていた。
 その手にはナイフ。その口には火のついた煙草。その男の姿を知る者がいたならば、次に彼が言うことを、なんとなく、予想できたかもしれない。

「――苛立たせてくれるぜ」

 奏一朗とリュカ達の前に、魔将ベレトが立っていた。
「来いよ、野良犬。教えてくれよ、テメェの言う、ホンモノの獣ってヤツをよぉ」
「ホザきやがれ!」
 奏一朗が、ベレトに向かって踊りかかる。
 ベレトはナイフを片手に気だるげに、迫る獣を睨んだ。
 魔将ネビロスが展開せし魔結界。そのさなかに於いて、SINNは今一度の過去の悪夢と、対峙するのだった。

●第二階層:獣と狩人
「――そこ」
 抑揚のない声に続く、重い爆音。
 対物ライフルの長い銃身より撃たれた弾丸が、ケルベロスの身に突き刺さる。
 だが敵は高い再生能力を持ち合わせ、傷は、穿たれたその直後からすでに再生を始めていた。
 リディヤ・ジュラフスカヤ(sd9570)はそれに驚くこともなく、同じポイントに、同じ弾丸を、さらに二発、三発と重ねて当てていった。
 再生能力があろうとも、苦痛は変わることはない。
 ケルベロスのあげた悲鳴は、憤怒の雄叫びでもあった。
「あらあら、痛そうねぇ」
 獣が吐き出す毒霧を、風祭 鈴音(si5986)が手を振って風を呼び、こちらに届く前に散らした。
 この場に於いての戦闘は、それだけを見れば順調とも言えた。
 だがアンカリオよりいずる魔神の大半は、そんな状況を覆すすべを持っている。
 例えば、デモゴルゴンなども。
「――何かヤバイ感じがします!」
 今まさに、デモゴルゴンが秘めたる力を解放し、世界を塗り替えようとした瞬間、それを先んじて、茂呂亜亭 萌(so4078)が気づいた。
 或いはどこかの誰かが願ったゆえの、神の奇跡だったのかもしれない。
 軍服に身を包み、軍刀の代わりに何故だかラブリーなデザインのロッドを掲げ、彼女は皆へ向かって指示を飛ばした。
「相手には戦況を覆す手があるようです。速攻、速攻です! 一斉攻撃ィ!」
 指示、そして号令のもとに、彼女がデモゴルゴンより先に攻撃できたのも、きっと、主の思し召し。
「凍っちゃえばいいのよ!」
 荒井 流歌(sp5604)が発現させた吹雪を全身に浴びて、デモゴルゴンの動きが、確実に鈍った。
「‥‥ナイス」
 そこへ、リディヤが対物ライフルを立て続けにブッ放せば、粘液体の魔神は苦痛に身をよじらせた。
 功を奏していたのは、流歌の位置取りだった。
 アンカリオからやってくるディアボルスの中には、アンカリオの近付くことで不死にも近い耐久性を得るものがいる。
 ゆえにデモゴルゴンがアンカリオに近付きすぎないよう、己のホスティアを囮にした上で、凍結を狙ったその行動は正解であった。
 彼女の吹雪と、リディヤの銃撃を軸にして、SINN達は程なく、正体不明と伝えられるその魔神を霧散化にまで追い込んだのだった。

 異界の獣が一体、狩られた。
 残るは三つ首の地獄の門番のみ。
 俄然、SINN達の士気も上がる。
「みんな、もう少しだから!」
 マイ・スズキ(sd2903)が皆へ言葉と共に祝福を送った。
 彼女の願い、祈りは、確かな力を伴って、周りに立つ者達に活力を与えることだろう。
「ケルベロスは案外魔力が低い。狙うなら、そこですよ!」
 保介も、自らが得ている知識を皆に伝える。
「いきましょう、アシェンさん」
「ええ、いくでござんしょ!」
 ナイ・ルーラ(sb0124)が同じく、妻であるアシェン・カイザー(sd3874)に心からの祝福を送ると、自身は槍の柄を掴み、地面を踏み出した。
 それに併走するアシェン。二人は一直線に、ケルベロスへと向かっていく。
 二人のエクソシストの接近に気づいて、ケルベロスが爆炎をその口より噴き出すが、二人はそれを突っ切って、ナイが詠唱を完成させる。
「――凡て偽る者は、火と硫黄との燃ゆる池にて其の報いを受くべし!」
 手の平に刻まれた時計草の紋の聖痕より、放たれた光弾はケルベロスの鼻先に直撃。
 強い力を持つ悪魔であるほど、高い効果を示す光弾は、ケルベロスの三つ首の一つを完膚なきまでに打ち砕いた。
 傷口から、肉が盛り上がって再生が始まろうとする。
 だがその前に、次いで詠唱を紡いでいたアシェンが魔法を成就した。
「――、汝の名によりて多くの能力ある業を為しにあらずや!」
 とっておきの、本来であればベヒモスに使おうと思っていた切り札。
 しかし、夫が作ったこの好機を、如何にして無駄にできようか。
 額を囲うように、荊の聖痕が生まれ、延びた光の荊がケルベロスの巨体に絡みつく。
 途端、再生が止まった。
 真名なくしても、効果が発揮されたのだ。
 ケルベロスはもはや、その身に持つほとんどの能力を失っていた。
 自身、それに気づいたのだろうか、足取りをふらつかせ、オロオロと、残った二つの頭部をせわしなく動かしている。
 無防備とも呼べるほど、隙だらけだった。
「手負いの獣‥‥。だからこそ油断はできません。皆さん、明るい「めでたしめでたし」のために、確殺! 確殺じゃあ!」
 ケルベロスにとってはダメ押しであっただろう、萌による魔法少女ロッドでの追加号令が下って、
 あげた雄叫びは何ら効果を発揮することなく、ケルベロスはアシェンの白き浄炎によって焼き尽くされ、霧散化も許されずに消えていった。
 かくて異界の獣は狩人の手で討ち取られ、場に残るは――地の獣王のみ。
「‥‥‥‥ム」
 沈黙を保っていた巨人が、ゆっくりと、その足を踏み出した。

●ローラン救援:船艇戦火
「見つけましタ! デストロイですヨ!」
 ジェーン・ミフネ(sk6098)が指差したそこは、船室へと続く通路の直前。
「こっちだ! 俺の方が美味いぞ!」
 と、南郷 龍馬(sq3216)が呼びかければ、その豊かなホスティアを感じ取り、隠れていた融魔が顔を出す。
「一発必中!」
 気合の声と共に、ラミア・ドルゲ(sg8786)が撃った一矢が、融魔の首を見事に射抜いた。
「さっさと消えろってもんさ、これがな」
 ダメ押しとばかりに、ハーケン・カイザー(sc1052)が三度、銃声を響かせれば、融魔はもはやなすすべなく、キニスに還るのみ。
 甲板の反対側では、ローウェル 一三(so2674)が、今まさに船体をよじ登り、甲板へ上がろうとしていた融魔を、自らが操る水をぶつけて押し返すところだった。
「イチサン、危ねぇ!」
 しかし彼女の背後を狙い、空から迫る巨大な鷲の魔獣を、間一髪、飛び込んだラルフ・フェアウェイ(sg4313)が思い切り蹴り上げた。
 そのつま先が大鷲の頭をまともに抉り、大鷲は情けない声を出しながら空へと逃れていく。
「ラルフ‥‥、あ、ありがとう‥‥」
 戦いが目の前で一瞬に過ぎて、ポカンとしているローウェルの肩を、ラルフが気安くポンと叩いた。
 空高く逃れた大鷲を、さらにその上空から降り注いだ三本の矢が射抜く。何があったのかと、大鷲は獣程度の知能ながら思ったことだろう。
「このふね、まもる!」
 ポワン・ポワン(sp7345)であった。
 彼女の矢をさらに数度受けて、大鷲の身体は空中に滲んでいくようにして消えた。霧散化したのだ。
 だが空にいる敵は、これだけではない。雷光を纏い、襲い来る鳥型の魔獣へと、ポワンは視線を移すのだった。
 船上、甲板でも戦いが続いている。
「全く、ワラワラと!」
 平柳 アレクセイ(sa8945)が、甲板へと上がってきた融魔へとパペットを差し向けるが、融魔はよほどホスティアに餓えているのか、パペットを無視して彼の方へと向かってくる。
「隙だらけでござる!」
 それを迎え撃ったのが、宅間 馨(sh1949)とそのパペットたちだった。
 彼女が式神と称するパペット達が、その攻撃によって融魔数体を甲板の一箇所へと追い詰める。
「一網打尽や!」
 撃ち放たれる、道摩 歌留多(si1427)の重力波。
 範囲内にいた融魔達がキニスに還るのを見てから、彼女は次なる標的を探し始めた。
「‥‥本当に、どれだけ残っているんですか!」
 焦ったような声を出して、実和 真朋(sn6429)が自ら操るペンギン型のパペットを使い、船壁をよじ登りつつある融魔を凍てつかせて水に落とした。
 レヴィアタン本体復活の影響を受けているせいか、ディアボルス共は数も多く、何より餓えていた。
 倒せども倒せども、水面から新たに現れて、この船を登ろうとしてくるのだ。
 物量は、それだけで戦力である。ゆえに、或いはこの状況が続けば、SINN側が追い込まれるかもしれない。
 そう思う者が出てきてもしょうがない現状、エリオット・フレイザー(si0562)がアルケミーを完了させた。
「これで、どうかな?」
 完成したのは、汎用型くらいの大きさのアザラシ型パペットだった。
 パペットの素体を材料にして作り上げたソレを、彼はスレッドを繋いで海へ放ると、船の周りを巡るようにして泳がせ始める。
 状況の変化は、すぐに現れた。
 元々、エリオットはそれを、時間稼ぎ用のものとして作り上げた。
 しかし強いホスティアの反応を帯びるように調整されたそのパペットは、海中にいた多数の融魔を、まるで光に集まる虫けらの如くに惹きつけた。
 ホスティアへの餓えが、この結果をもたらしたと言ってよい。
「う、わわわ!」
 視覚を共有しながらパペットを操作するエリオットは、パペットめがけて一心不乱に泳ぎ、迫ってくる融魔の群れにちょっとした恐怖を感じつつ、それを泳がせた。
「水面近く、来れる?」
「え、え?」
 そんな彼に、文倉 羽留(sn2556)が声をかけた。
 何か考えがあるようだと、感じ取ったエリオットは、うなづくと操るパペットを水面ギリギリまで浮上させた。
 当然、融魔の群れはそれを追い、水面近くまで上がってくる。
「お、見えた見えたー」
 羽留はヒラリと空を舞い、手をかざす。
 そして敵の群れが見えた瞬間に、魔法を成就、放たれた雷光は高い威力を持って、一直線に融魔の群れをブチ抜いた。
 たかが、下級のディアボルスに耐え切れるものではなかった。次々、海中でそれらはキニスに還っていった。
 さらに二発、三発と、雷光が瞬いて、エリオットのパペットを釣り餌とした電気ショック漁は、これ以上ない程の成果を挙げたのだった。

●第三階層:海魔王の蠢動
 ズズズと、地面が重く震えるのを、マリアは確かに感じた。
 悪寒がする。背筋を、とても悪いものがせり上がってくる感覚が不快だ。
 眼の前では、戦いが続いていた。
「我が身命、ここで燃え尽き果てようとも!」
 鬼神を模した聖面で顔を覆い、それこそ鬼の如くに、御剣 キョウ(sp0401)がレヴィアタンへと拳を振り抜く。
 その身は炎に包まれていた。早々に、切り札たる魔法を切っての猛攻、ではあった、が――
「な、なめる、な‥‥、よ‥‥!」
 レヴィアタンが笑っている。
 通じないのだ。
 ただの一撃で即座に順応を完了する魔王の肉体は、手数を要とする格闘技者にとっては悪夢のような存在である。
 キョウの攻撃をその身に浴びながら、魔王はスゥ、と息を吸い込んだ。
「いけないの!」
 それを見て取った栄相 セイワ(sa0577)が、レヴィアタンが口から吐き出した青白い炎の息を、操った風で吹き散らす。
 恐ろしい熱量を孕んだ息だった。散ったあとの、その余熱だけで、セイワやキョウが肌に痛みを感じたほどだ。
「じゃ、邪魔を‥‥、す、する、な!」
 不快げに顔を歪めたレヴィアタンが、キョウを殴り飛ばし、セイワごと吹き飛ばした。
 魔王は依然として、マリアの方へと近づこうとしている。
 よほど、神の子が邪魔だと思っているらしい。
「マリアちゃん、もうちょい下がってな」
 護衛の一人、ギィ・ラグランジュ(sf9609)がマリアの前に立った。
「ギィ、でも‥‥」
 ギィは何も言わずにマリアへ頷くと、赤い光を帯びた剣を手に、駆け出した。
「‥‥ば、馬鹿。見て、分かれ、よ。わ、分かれ、よォ!」
「ああ、おまえは強いんだろう。理解はしてるさ。‥‥だが、諦める理由にはならねぇ!」
 剣に全体重を乗せて、ギィはそれを振り下ろした。
 己でも最高の一撃と分かる手ごたえ。それは魔王の額にまともに命中し、確かな衝撃を、彼の手に伝える。
「ラグランジュの名にかけて、この一戦、取りに行かせてもら――」
 だが叫び、二撃目を放たんと剣を引き戻そうとして、気づいた。
 剣が動かない。
「‥‥い、痛い――」
 レヴィアタンが、その刀身を握りしめていた。
 強烈な握力に、刀身は折れないまでも、小さく軋みをあげている。
 魔王は、その身を震わせた。怒気が、殺気が、瞬く間に膨れ上がっていくのを、ギィはその肌で感じ取る。
「痛い、い、痛い、痛い、痛い、痛い痛い痛い痛い、痛い! よ、よ、く、よくも、よくも、よくもよくもよくも、よくもォォォォ!」
 短絡的に過ぎる、怒りの爆発。
 ギィはとっさに身構えたが、その上で魔王の癇癪は凄まじいものだった。
 彼の身は打たれ、蹴られ、投げ飛ばされ、しかしなお、レヴィアタンの怒りは収まらず、
「何なんだ! な、なんで邪魔するんだよ! お、おまえ、おまえらァ! おまえらは、じ、自由なクセに! 私は、わた、わた、わ、私は、やっと、や、やっとここまで、来れたんだぞ、じゃ、邪魔するな、邪魔するなよォォォォォォォォォォ!」
 魔王の絶叫に呼応するように、また、地面が震える。
「‥‥‥‥ッ!」
 ギィへ駆け寄ろうとしていたマリアは、震えの大きさに思わず身を屈めていた。
 立っていられないほどの、今までにない大きな震え。そして聞えたのは、ピシリ、と、何かが砕けるような音だった。
 見上げて、マリアは、絶句した。
 壊れたのは、壁。聖印が刻まれた、壁面の一角。そこに亀裂が入り――

 壊れた壁の向こうから、巨大な瞳がこっちを見ていた。

「ひ――ッ」
 うわずった声が、その喉から漏れる。
 SINN達の間に広がる動揺。
 皆が感じていた。壁の向こうからこちらを見る、強烈な視線。その圧倒的な存在感を。
 レヴィアタンは、笑い出していた。
「ヒハッ! も、もうすぐ、もうす、ぐ! もうすぐだ、すぐ、す、すぐ! 私は、わ、『私』はじ、自由になれる‥‥! じ、自由に、やっと、や、やっとォ!」
 その反応から、疑問に思うまでもない。あの巨大な瞳は、レヴィアタン本体の瞳、なのだろう。
 だが、恐怖の内にありながら、マリアの意識が向いたのは、そこではなく、
「子供‥‥、みたい‥‥」
 怒り、嘆き、そして今、歓喜に叫んでいる魔王が、わがままな子供のように感じられて仕方がないのだ。
「‥‥ガキみてぇだな」
 村正 刀(sf6896)がマリアの気持ちを代弁するように言った。
 きっと、考えていることも、同じだろう。
 敵ならば戦うしかない。
 ――しかし子供ならば、諭せるかもしれない。
「プレゼントを用意しておいて、よかったかもしれないね〜」
 気楽な物言いで、すでに練成を終えたマスコットを手にしたニア・ルーラ(sa1439)が、レヴィアタンの方へ歩み進む。
「な、んだ‥‥、お、おまえ‥‥?」
 レヴィアタンがニアに気づく。その、人を睨み殺せそうな眼差しに、しかしニアは臆することなく、
「君は知らないだろうけど、僕は君にテスラを上げると約束してるんだ」
 それは、レヴィアタン本人は与り知らぬこと。
 ニアが、時のはざまと呼ばれる場所で、レヴィアタンの過去の虚像と出会ったときの約束だった。
「だから、ほら」
「ぐ‥‥!?」
 ニアが放り投げたものを、レヴィアタンは反射的に受け取ってしまった。
 それはニアが操るパペットを模したマスコット。彼女のアルケミーによって、精神に作用する力を宿している。
「――‥‥‥‥」
 それを握った瞬間に、レヴィアタンの顔から険しさが消えた。
 ニアは己のアルケミーに確実な手ごたえを感じ、彼女に続くように、媛 瑞玉(sd3404)が言葉を投げかけた。
 瑞玉は、本体の一部が覗いている壁面を見上げて、
「本体も美人さんですわね。その格好も愛らしくて好きですけど」
 と、まずは告げると、さらに言葉を重ねていく。
「私は、あなたの命を奪いたいとは思っていませんのよ?」
 だからまずは話そうと、レヴィアタンを諭す。
 アンネリーゼ・ブライトナー(so1524)も同様に、対話を試みた。
「主は、あなたに悔い改めるよう、申しておりました。レヴィアタン様、世を滅ぼすことを、お考え直しくださいませんか」
 アンネリーゼの言葉は、第四の預言を根拠として、魔王説得の可能性をここで模索する。
 だが二人の言葉に、レヴィアタンが返すのは、ただただ、沈黙のみ。
「もうひと押し必要かい? だったらこいつでどうだ!」
 アントーニオ・インザーギ(sa5938)が、錬成によって生み出した白球をレヴィアタンへと投げつける。
 魔王は、そちらを見もしないまま、彼の投球を掴んだ。すると、白球が淡い光を放つ。
「人対魔じゃない、向かい合ったらそれは‥‥魂対魂だ!」
 彼は、熱を以て弁を揮う。
 錬成したのは感情を激しく揺り動かす、本当の心を呼び起こす白球。その名も潔く、『全力ストレート』だった。
「‥‥‥‥カ」
 沈黙し、動きを止めていたレヴィアタンが、小さな動きを見せる。
「そうだぜ、分かるだろ。お嬢ちゃんが目覚めさせたいのは本体であっ――」
 言いかけたアントーニオが、固まる。

 それは単純な、殺気だった。

 どこまでも単純で、簡単で、純粋で――巨大で莫大で膨大な、強風のような、殺気だった。
「――殺す」
 レヴィアタンの声。
 小さくも、だが鋼のように硬く冷たい、殺意で塗り固めたような声。
 或いは、説得もできるだけの余地は、あったのかもしれない。
 しかしいっときの説得でそれをなすには、魔王が身にたぎる怒りと憎悪は、あまりにも強すぎた。
「か、感謝くらいは、し、してやる‥‥。う、う、浮かれすぎた、お、おまえ達、よろ、喜ぶのは、お、おまえ達、殺してから、だ!」
 その矮躯より溢れ出る殺気は、その場にいるSINNに、もはや説得の余地がないことを悟らせるに十分だった。
 レヴィアタンが、告げる。
「こ、こな、粉微塵に、して、やる‥‥!」

 二つの影が、遺跡の中を走りゆく。
 片方は狐の獣人。
 もう片方は栗鼠の獣人。
 魔法によって獣化し、足を早めた状態で、二人は今、遺跡の通路を走っていた。
「間に合うかな」
 栗鼠の獣人――アンナリーナ・バーリフェルト(sp9596)の問いに、
「間に合わなけりゃ、そんときはそんときだろ」
 狐の獣人――ルナール・シュヴァリエ(sp6369)の答えは簡潔だが、その足取りはどう見ても全速力である。
 内心に、焦りはあった。これを伝えてどうなるのかという、不安もあった。
 ただ、伝えなければならないという確信が、二人の身体を突き動かしていた。
 二人は急ぐ。一路、魔王とSINNの決戦の場へと――

●第一階層:人形の糸を切れ
「ハァァッ!」
 アンリ・ラファイエット(sp6723)が振るった拳が、中級の吸血鬼のあごを捉えた。
 ゴキリと、相手の骨が砕ける感触。肉も裂けて、顔からダラダラと出血しているその吸血鬼の、傷が、治らない。
 死んでいるのだ。この吸血鬼は、すでに命絶えて、それでも、額に描かれた血印によって『人形』として操られている。
「もぉ、いい加減にしろぉ!」
 アンリの義弟、オリヴィエ・ベル(sp7597)が高い場所より、体重を思い切り乗せた飛び蹴りを『人形』にお見舞いする。
 回避もせず、みぞおちに蹴りを喰らった『人形』は数mも吹き飛ぶが、何事もなかったかのように起き上がった。
「しつこいなぁ‥‥」
 彼は肩で息をする。もう何分、この『人形』どもの相手をしているのか。
 いかに体力に優れるクレスニクとはいえ、限界はあった。
 ただ、再生能力が働かないこともあって、壊せば壊した分だけ『人形』の動きは鈍っていった。対処は、幾分しやすくなっているのだ。
 オリジンを討たねば、どうしようもなさそうだが。
「クハッハッハ、どうした愚かな畜生たちよ。私はここにいるのだぞ」
 吸血鬼侯爵『人形遣い』は、戦場の最奥でクレスニク達を嘲った。彼らと彼との間には、半魔と中級吸血鬼、そして『人形』が壁を作っている。
 あの壁を、どうする、どうやれば――
「突っ切るしかねぇっすよ」
「それに同意ではあるな」
 悩む者達へ、そう、志島 陽平(sa0038)とアスラン・ノヴァク(sq1286)だった。
「‥‥大丈夫か、セイディ」
 アスランは、これまで共に戦い、血のあとを防具に残しているセイディ・ゲランフェル(sp8658)へと声をかける。
「これくらいなら、まだなんとか。それより、やすんですね」
「ああ‥‥」
 アスランは頷くと、イーゴリが後を続けた。
「敵の壁に穴を開ける。狙いは吸血鬼だ。方法は――頼めるな?」
 と、彼は陽平と、その相棒のヒメコ・フェリーチェ(sq1409)に頼んだのだった。
「やってやるっすよ!」
「はい、なのです」
 やろう、と、エスターが言った。
 その声を合図にして、一斉に走るクレスニク達。
 『人形遣い』公から見れば、それは獣畜生共の反逆行為に他ならない。
 彼にとって獣人とは、いわゆる奉仕種族。自らに仕えるために生きている存在に他ならないのだから。
「不敬であるぞ!」
 怒りと共に怒鳴ると、『人形』と中級の吸血鬼が、クレスニクに襲い掛かろうとする。
 だが輝きが、吸血鬼の動きを止めた。
「なぁ‥‥!?」
 この場にあるはずのないソレは、まごうことなき太陽の光。吸血鬼にとっては忌まわしいばかりの光である。
 陸からは陽平が、空からはヒメコが、前にかざしたその手より、太陽の光を放ちながら、敵陣へと突っ込んでいく。
 エスターやイーゴリは、吸血鬼の存在を己の五感で感知できる魔法を成就していた。
 そして、敵の壁の中で、特にそれが多く集まっている場所を割り出して、そこからは陽平達の出番であった。
 吸血鬼だけではない、吸血鬼の『人形』も、陽光を受ければその肌が焼けていた。
 セイディやアスランが、ここぞとばかりに切り込んで、
「突っ切るわよぉ〜ん」
 群れる半魔へは、ニーチェ・シュートラー(sp6098)が飛び込んでいった。
 彼女は、自らの首に巻いた『美神の鎖』と呼ばれる伝承宝具をここで使って、瞳に妖しげな光を宿し、自身を見る半魔を見つめ返した。
 その眼差しに冒されて、半魔は思わず、構えていた武器を下げてしまう。
 だが中には、彼女の瞳に抗った半魔もいた。そちらへは――
「あっち行っててねぇん」
 力宿した言葉が、染み込むようにして半魔の心を捕らえて、道を開けさせた。
「オリジン!」
 こじ開けられた、兵の壁。
 そこに開いた穴より走る雫石 雪凪(sp8252)が、慌てふためく『人形遣い』へと蹴りの連打を喰らわせる。
 数にして八度。獣化したクレスニクの蹴りをその身に受ければ、オリジンが誇る極限じみた再生能力も中和され、『人形遣い』はその端正な顔を憎悪に歪めた。
「お、おのれッ、下賎の輩が、口臭き者如きがこの私に傷をつけただとォォォ!」
 激情のままに、引き抜いた剣の刀身にも血塗りの文字が描かれており、それは呪いによって擬似的な邪剣としての能力を有していた。
 だが雪凪も、伊達でクレスニクを名乗っているわけではない。
 彼の戦士としての純粋な技量は、侯爵位という高い地位にある『人形遣い』と互角に渡り合えるほどであった。
 ならば両者に差をつけるのは、数、であろう。
「援護、させてもらうよ、雪凪!」
 雫石 結氷(sp9763)が、雪なぎのすぐ背後より現れて、至近距離から『人形遣い』に弾丸を叩き込む。
 身体に幾つも穴を穿たれて、激痛より、そして自らが傷つけられた恥辱より、オリジンはその瞳を強く血走らせた。
「小僧如きがァ!」
「あ‥‥!」
 『人形遣い』は雪凪ではなく、結氷の腕を掴み上げると、その腕に深々と、己の牙を突き立てた。
「結氷!?」
「ぅ、グァ‥‥!」
 激痛に耐えながら、結氷が発砲して、強引に己から『人形遣い』を引き剥がす。
 だが『人形遣い』は彼の血を口元から垂らしたまま、いきなり狂ったように笑い出した。
「くだらん! 血を吸ってもらって、感謝しろ! 貴様らは所詮、使えるだけしか能のない卑しきものだと、これで――ッ‥‥」
 だが笑い声が突然止まって、彼はその場に膝を着く。そして、大きく見開いたその目で、結氷を睨んで、
「き、貴様ァ、ァァ‥‥」
 噛まれ、呪縛に囚われた結氷は、しかし、その顔にかすかな笑みを浮かべていた。
 彼の血は魔法によって、強い毒を帯びていたのだ。
 万が一を考えての毒血化ではあったが、それが、功を奏した形だ。
「ガハ‥‥、馬鹿、な‥‥」
 『人形遣い』の身体には、ほとんど力が入らなかった。
 その毒血は、吸血鬼であろうとも関係なく、体を蝕む。今や『人形遣い』の身体能力は、一般人並にまで落ちていた。
 クレスニクが彼を囲むのは、無論、簡単すぎることだった。
「‥‥同胞の仇、とらせてもらうっすよ」
「絶対に、許せないのです」
 手に太陽をかざした二人が、告げた。
 今この場に、呪いを解くすべを持つ者はいない。結氷を吸血の呪縛より解き放つことは、今すぐにはできないのだ。
 その怒りを、クレスニク達は目の前の怨敵へと、今、ぶつけようとする。
「や、やめろ‥‥。その光を、ち、近づけるな‥‥!」
 にじり寄るクレスニク達に、『人形遣い』は怯えの表情を見せて、尻餅をついて逃れようとする。
「私を、わ、私を誰だと思っている。私は、『王』の信任も厚き――」

「「消えろ」」

 声は、重なって、
 『人形遣い』の長すぎた生涯が、怒る獣達の牙により、今、終わりを告げた――

●第二階層:地の獣王
 デミル・ウルゴスティア(sd9633)が幹部魔将ベヒモスをその目にするのは、実は初めてのことだった。
「うげぇ、‥‥いかつい男とかちょーやだー」
 と、いうのが彼の正直な感想であり、その魔将の巨躯もあからさまに鈍そうで、いかにもパワー型であることが伺えた。
 だからこそ――巨体が霞のように消えたことに、デミルは目を見張った。
「来やがるぞ!」
 刹那、遅れて隼人が警戒を促す。
 だが遅かった。
 その身に光を帯びたベヒモスは、4mの巨体からは想像もできない速度で間合いを縮めると、次の瞬間にはデミルの眼前に現れていた。
「わ、わ‥‥!?」
 振り下ろされる拳。それは具風を伴って、デミルへと叩きつけられる。
 彼がローレムを己のCROSSに付与していなければ、それだけで終わっていたかもしれない。
 ただ、拳の衝撃にCROSSは耐え切れず、叩き砕かれてしまったが。
「わぁぁ!」
 思わず、デミルが後ずさる。
 その隙間のような刹那にも、巨体は速度を保ち、彼へと前蹴りを食らわせていた。
「クソが!」
 保介がベヒモスに向かって、拳銃を向けた。そこで、世界は塗り替えられる。

 ――ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオゥ!

 雄叫び。そして景色は移り変わった。
 遺跡の内部はそのままに、鉄色の柱が乱立する空間。これこそが、ベヒモスの魔結界の景色である。
「これだけするんだもの。こけおどしなんかじゃないわよね?」
 ノーラ・ローゼンハイン(so6720)が、指を振るって三体のパペットを操り、ベヒモスの背後を取る。
「期待、させてもらうわ」
 言葉と共に、パペットが一斉に魔法によって起爆。紅蓮が三度、戦場に炸裂した。
 いずれも高い威力を持つ、パペットの爆弾化魔法である。
 並のディアボルスであれば充分に霧散化にまで追い込める火力である。が、
「‥‥‥‥ム」
 ヒュルリと風が流れたかと思えば、ベヒモスはすでにノーラの側面へと迫っていた。
 その巨体に、傷はほとんどなかった。
 あらゆる外的脅威に対し、無類としか呼べない耐久力を得る。
 シンプル極まりないそれこそが、この魔結界の内部でベヒモスが得る効果であった。
 これと、巨体を加速させ攻撃の手数を数倍にも変える彼の悪魔魔法が重なったとき、ベヒモスの肉弾戦における実力は、ついに極まる。
「‥‥凄いのね」
 ノーラの一言の間にも、ベヒモスの鉄鎚が如き拳が、幾度も彼女を打ち据えていた。
 肉が裂け、骨が折れて、ボロクズに変わり果てたノーラの身体が地に投げ出される。
「やってくれるじゃない‥‥。人間の強さ、見せてあげるわ!」
 厳島 雪花(sp0998)が、アサルトライフルの銃口をベヒモスへと向けて、トリガーを引き絞った。
 魔力を纏った弾丸の雨が巨体を狙う。
 だが加速し、馬鹿げた回避性能を得たベヒモスは、そのいずれをもかわして、雪花に肉薄した。
「――こっ、の!」
 ライフルを捨て、雪花はベヒモスに殴りかかろうとした。
 だが先に伸びてきた巨大な手が、彼女の頭を鷲掴みにすると、ベヒモスは無造作に彼女の身体を片腕で持ち上げて壁へと投げつけた。
 激突音は鈍く、硬く、生々しく、SINN達の耳に届いてしまった。
「強い、硬い、速いだって‥‥? さすがに馬鹿げてるよ」
 雪花へと駆け寄って、治癒の魔法を施そうとするアルフォンス・ヴィヴィエ(sf9647)が、のっそりと構えを取ったベヒモスを見て、そう漏らした。
 連れている聖獣を向かわせようか、と、思わなくもないが、まだ機でもないように思えた。
「‥‥‥‥ム」
 聖書にも記される地の獣王。
 その身が放つ威圧感は、流石の一言に尽きた。
 アンカリオからの異界の獣とは、比べるべくもない。獣を狩って高揚していた士気も、たった数分で打ち砕かれた。
 最強の個。
 まさにそう呼ぶに相応しい、魔なる将であろう。
「フハハハハッ! まだまだ、これからですぞ!」
 腕を組み、消沈の空気を笑い飛ばす、ウルセーヌ・モローアッチ(sp5281)。
 彼は槍を高く掲げると、その槍から大きな旗の幻影が現れた。
 旗には力強い虎が描かれて、彼はそれを振り回して皆を鼓舞する。
「ピンチこそチャンス、今こそ我々にチャンスが訪れているのです!」
 その言葉が、場にいかほどの影響を与えたかといえば、そう、大した影響は与えていない。
 皆の元々あった戦意や士気に、再び燃え上がらせるだけのきっかけを与えただけだ。
「そうですー。ここまで来たら、一緒に頑張りましょうー」
 光の翼を大きく広げて、メイリア・フォーサイス(sa1823)が己の中に秘めた愛情を、場に開放した。
 それは力となって、皆を包むようにして、広がっていく。
「‥‥‥‥ム」
 ベヒモスが、動こうとする。
 その腕に、いきなり、鞭が絡みついた。
「やった‥‥!」
 仕掛けたのは、神楽坂 凛(sp3316)。
 自らの装備によって、魔将の背後に転移した彼女の不意打ちだった。
 これで少しでも、敵の動きを縛れればと、そう思ってのことではあった、が――
「‥‥‥‥ム」
「う、あわぁぁぁぁぁあ!」
 元もとの膂力が違いすぎた。
 凛が踏ん張ろうとしてもまるで勝負にならず、ベヒモスが腕を振り回しただけで、彼女の身体は宙に投げ出された。
 それを受け止めたのが、隼人だった。
「よぉ、凛。大丈夫か」
「隼人さん、ごめん、力不足で‥‥」
「あんがとよ」
 彼は凛を地面に降ろすと、そう言ってベヒモスを見た。凛は、「え?」と、彼を見上げる。
「手伝ってくれ。あのデカブツを、仕留めるぜ」
 隣に立つのは、保介。彼もまた厳しい目つきで地の獣王を睨み据えて、
「決着を、つけてやる」

●ローラン救援:船上の凱歌
 融魔の姿が消えた頃、空からの襲撃が数を増やしていた。
「いくよ、美咲!」
 雷光を纏う猛禽へ、トウマ・アンダーソン(sn7273)が愛刀の名を叫び、空を駆ける。
 パラディンの魔法によって、空を踏みしめる彼の刃が、魔なる身体もろともに、雷光鳥を切り裂いた。
 翼を断たれ、空から舞い落ちゆく猛禽へ――
「はい、トウマ様!」
 吹き付ける吹雪は花枝 美咲(sk2703)のもの。
 周囲の大鷲も巻き込んで、吹雪は魔獣を凍てつかせ、その体力を奪って霧散化させた。
 吹雪を潜り抜け、甲板スレスレを飛行しようとする雷光鳥は、だが、突然後方から伸びてきた光の荊に絡みつかれ、その力を奪われる。
「‥‥沈んでくれ!」
 魔法を成就し、力を封じたアビス・フォルイン(sa0959)が、強く握ったナックルで雷光鳥を殴りつけた。
 霧散化し、魔獣の姿が完全に消えた頃には、彼はすでに次の目標を探していた。
「化け物ども、目にモノ見せてやるぜ!」
 唸るエンジン音よりもさらに大きい声を出して、轟 弾護(sa0018)が持ってきたバイクで甲板を駆け巡る。
 そんな彼の後を、剣士型のパペットがついてゆく。
 パペットを狙って、空から飛来する大鷲へ、弾護は絶妙のタイミングで銀の長剣を投げつけた。
 無論、武器として使えるものではない。威力はまるで期待できないが、大鷲の意識をそらすには充分だった。
 そして、パペットが、剣を振りぬいた。その軌跡より放たれた魔力の波動が、大鷲を強く打ち据え、霧散化させる。
「こっちだって!」
 雷光鳥へと、轟 琳瑚(sg2457)がハンマーを振り下ろす。
 その鎚頭は見事に猛禽の身を打ち据えたが、纏う雷光が弾けて、琳瑚の身体を焼いた。
「ま――けません!」
 だが、その傷も、すでに成就していた魔法によってすぐに癒えて、逆に彼女が開放した魔力の炸裂が雷光鳥の肉体を打ち砕いて霧と散らせる。
 戦況は、個々としても集団としても実力が違うからだろう。完全にSINN優勢に傾いていた。
 だが敵は知性に劣る魔獣で、戦況の把握などできるはずもない。
 今だって、雷光鳥と大鷲が空から、アドリアン・メルクーシン(sb5618)へと襲いかかろうとしている。
「来るがいい、海魔の者よ‥‥」
 ホスティアに餓えているという理由だけで、人の命を奪う悪魔。
 それは、もはや存在のみで、彼の身を蒼い炎に包む理由となる。
「私は私の正義で動く!」
 獣の本能よりも強い激情で、爆ぜる雷光よりも眩しい炎を纏い、戦士が、魔獣の消去を実行する。
「‥‥ん、んん?」
 アドリアンが、その身に負荷をかけることを代償として、焔の舞にて魔獣を屠ったのとほぼ同時、御剣 四葉(si5949)がそれを感じ取った。
 感知の魔法によって、キニスの反応を探っていた彼女が、自身の立っているその直下、海中に巨大なキニスの反応を見たのだ。
 その反応の大きさは明らかに中級に留まるものではない。
「気をつけて、上級の悪魔が近付いてるよ!」
「この瞬間を待っていたー、えーい!」
 警戒を呼びかける四葉の声に、むしろ嬉々としてアリス・フリュクレフ(sq1159)が獣人の姿をそこに晒す。
 重ねて魔法を成就し、指の間に水かきが張られ、彼女は思い切り海中へと飛び込んだ。
 身に帯びた水の魔力によって、南極の海の冷たさはまったく気にならなかった。
 そしてまるで回遊魚のようにして彼女は水中を泳ぐと、ほどなく、四葉が感じ取った巨大な漆黒の怪魚が見えた。
 ――SINN!
 怪魚の口が動く。なんとなく、そう言っているように見えた。
 流石に相手は水が本来のフィールドであるためか、水中での行動能力は、アリスよりもさらに高かった。
「わ、わ!」
 その怪魚――魔神フォルネウスは強い怒りに駆られていた。それは、己が率いてきた魔獣の軍勢を、ことごとくSINN達に蹴散らされたがゆえだ。
 そして何より、餓えていた。他の融魔や魔獣と同じように、だ。
 アリスを見たフォルネウスが、怒りと飢餓感より、彼女へと襲い掛かるのは、つまりは当然の帰結であった。
 しかしアリスとて、こうなることは勿論、織り込み済み。
 でなければ、わざわざ自分から海中に飛び込むような真似はしない。
「こーい!」
 兎の獣人は、水中で拳を打ち合わせると、その背を水面に向けて傾けた。
 彼女を狙うフォルネウスは、アリスの狙いになど気づく様子もなく、海流を制御してその速度をさらに上昇させると、思い切り体当たりをしてきた。
 もはや、フォルネウス自身にも御せぬほどに勢いがついたその巨躯はアリスの身体に激突直後、そのまま海面を突き破った。
「い――」
 身体が押し潰される激痛の中で、だが痛い、と口に出すより先に、アリスは叫んでいた。
「今、だよッ!」
 艦船ローランの甲板の上を、飛び出したフォルネウスが放物線を描いて横切ろうとする。
「ええ、まさに、今」
 手をかざしていたのは、ブリギッタ・ブライトナー(si7746)。
 すでに成就していた遠隔操作の魔法を、ここで全力展開。実に本来の膂力の百倍にも達する強力な目に見えない力が、フォルネウスの巨体を包み、そのまま甲板に叩き付けた。
「グ、ゴオオオォォォォォォォ!」
 物理力が通じない、魔を帯びたその肉体。ダメージこそないが、しかし海上に引きずり出された直後では、まだ思うように身動きも取れない。
「やっちゃえー!」
 ヒラリ、投げ出された空中で身を翻し、軽く着地したアリスが、皆へと声を張り上げる。
 それは先日の撃滅作戦でも、ついに討つことができなかった怪魚、フォルネウスであった。
 同じ結果をもたらさない。
 その決意のもとに、SINN達の攻撃は巨大怪魚へと集中し、それは、魔神一体を屠るには有り余る火力であった。
「レ、レヴィア――‥‥」
 浄化の炎に焼かれて、その身を霧と変えることも許されず、主の名も呼べぬままに怪魚魔神はその存在を駆逐されたのだった。
 これが、艦船ローランで起きた戦いの全て。そして、結末であった。

●第一階層:地の底に眠れ
 そのヴラドは、操り手がいてこそ成立するものだった。
 『人形』がただの死体に戻った頃、魔結界内の戦いはすでに佳境へと突入していた。
「ッ、チィ!」
 ゴスタ・ユオン(sp9246)が舌を打ち、両手で握った巨剣を振り下ろす。
 だがネビロスはその重い一撃をサーベルで受け流すと、攻撃直後の彼のドテッ腹へと前蹴りを叩き込んだ。
「力任せだな。技がない」
「ならば、これなどはどうだ?」
 声は後方より、煌 宵蓮(sa0253)が数m離れた場所から、上段に構えた日本刀を振り下ろせば、刃は刹那、空間を越えてネビロスを狙った。
「いい腕だが、道具の能力に頼りすぎだ」
 だがネビロスはかすかに身を揺らすだけで、袈裟切りの一閃をかわしてのけた。
「そうか、ならば――」
 宵蓮は一度日本刀を放ると、今度は逆に一気に間合いを詰めて、氷の結晶を纏わせた暗器で手数勝負に出た。
「フッ――」
 鋭い呼気。彼の拳を、ネビロスはサーベルでことごとく受け止めるが、その刀身と腕が強い凍気によって白く変じていった。
「狙いは悪くない、が――」
 次の瞬間に響き渡る、ネビロスの絶叫。
 キニスの残響が戦場に響き渡って、その身を蝕んでいた凍結は瞬時に無と帰する。
「お二方とも、一度下がられた方がよいでしょう。その魔将、戦士としてもひとかどと見受けられます」
 ダントンの言葉を、ゴスタと宵蓮は実感と共に受け入れて、ネビロスとの間に距離を空ける。
 ネビロスはサーベルをダントンへと向けて、傍らに侍らせているフラウロスに命じた。
「撃て」
 フラウロスの豹頭が、轟と唸って、吐き出された火球は悪魔魔法、インスピラティオネ。
 エンジェリングの魔法にも似た大火力を持つ一撃である。
「危ない!」
 ネビロスの動きに注意を払っていた酒匂 博信(sh4156)が、ダントンの前に立って盾を前にかざす。
 炸裂し、噴き上げた爆炎を、彼は身体を張って受け止めた。
 だが敵の攻勢は、それで終わったわけではない。続くようにゲリュオンが、火影の向こうより邪剣を突き出してくる。
 それは博信の盾をブチ抜いて、彼の心臓の直上に突き立った。
「博信さん!」
「‥‥‥‥ッ」
 ギリと奥歯を噛み締めて、博信は耐える。
 その瞬間に、アルケミーを終えた小茄子川 隆人(sp1454)が博信の隣に並び、自分の指に嵌めた指輪を突き出した。
 光が溢れる。その光は、錬金によって、死したる者を焼く力を備えていた。
 ゲリュオンから、フラウロスから、白い煙のようなものが上がり、途端に二体の魔神は苦しみ始める。
 それは戦況を揺さぶるほどのものではないだろう。
 だがダントンが動くきっかけを作ることはできた。
 彼は、半ば透き通った刀身の長剣を手に、ネビロスへと切りかかる。
「‥‥なるほど、練られているな」
 サーベルで彼の刃を受け止めたネビロスが、そう評した。だがダントンが求める言葉は、それではない。
「そろそろ、教えていただけませんか。何故、ここにいるのです?」
 キリリと、刃が噛み合って音を立てる。交差する長剣と邪剣越しに、一人の老練と一体の鉄面が、向かい合う。
「この強さ。ファルス体などではあり得ませんね。他の軍勢の『手助け』にわざわざ本体でいらっしゃるとは。黒の女神からファルス体では務まらない任務でも授かったのですか?」
「老いたるSINNよ、ならばおまえは、何と捉える。今の、この私を」
 問われ、ダントンは答えた。
「――追い詰められているように見えますな」
 それは、確かな根拠を持った、力強い断言であった。

「クヒャッ! ヒハハハ! ハァッハハハァ!」
 戦鬼が笑う。その身に、幾十幾百もの傷を刻んで。
「落ちろ!」
 イーゴリの息を浴びて、笑い声は高まって、
「いい加減、散ってよ!」
 オリヴィエの蹴りの連打に、笑い声は高まって、
「やってくれたな!」
 シュナイトの拳を顔面に喰らっても、笑い声は高まって、
 グラシャラボラスは全ての攻撃を、避けもせずに受け止める。
「そうさ、そうさ! それでいいんだよ! 憎悪を滾らせろよ、殺意を溢れさせろよ、俺が憎いだろう? 俺が怖いだろう? 俺を嫌ってるンだろう? 愛だの勇気だの信仰だのと、くだらねぇ戯言でテメェを塗り固めンなよ、もっと剥き出しの獣心で、俺をさっさと仕留めてくれよォォォ!」
「ああ、そうさせてもらう」
 ブラリと、拳銃をぶら下げて、カークがグラシャラボラスの前に立った。
「カ、カカ、カハハハハ‥‥」
 カークには分かっていた。
 グラシャラボラスの動きが、明らかに鈍っている。
 もう一歩というところまで来ているのだ。あと少しで、この戦鬼を――
「クックック、そうかァ、アンタかよ。クハハ、ここの連中の柱はよォ‥‥」
 戦鬼は見抜いていた。
 魔結界の中にいながら、SINN達が衰えていない理由。
 それは、カークが使った何がしかの魔法である、と。
「ちょっと見ねぇウチに、随分とまぁ‥‥」
「言い残すことは、それだけか?」
 カークが、グラシャラボラスの顔面に拳銃を向ける。その弾丸には、浄化の魔力が込められていた。
「クク‥‥」
 グラシャラボラスは、全く表情を変えない彼に向けて、ただ一言。
「また、会おうぜェ?」
 カークが発砲する。
 獣骨のようなグラシャラボラスの顔面に、弾痕が穿たれて、戦鬼の姿は影となって消えていった。
「‥‥二度と顔を見せるな、亡霊め」
 吐き捨てる彼の声に、色は、なかった。

「チッ、狂犬野郎が消えたか」
 ベレトが、グラシャラボラスの消滅を見て、そう呟く。
「テメェもさっさと消えたらどうだ、オイ」
 奏一朗が挑発をしてくる。
 だがベレトは、「ふん」と小さく鼻を鳴らすのみで、それに乗ってくることはない。
「どう運ぶにせよ、そう長居はしねぇさ。俺の出番もそろそろ終わる」
 と、言いながらも、そこでベレトは「が、」と続け、
「まぁ、そんなもんが消える理由になるんだったらよ、世話ねぇってワケだぜ。‥‥来な、犬共」
「言ってくれるね。まぁ、行かせてもらうけどね!」
 リュカだった。
 奏一朗とは別に、ベレトを相手取る彼が、まずは仕掛ける。
「氷の魔法か。‥‥全く、馬鹿の一つ覚えも甚だしい」
「そう、馬鹿にしたものじゃないよ。有用だからこそ、みんな、頼るのさ」
 ナイフと、拳。交差する攻撃と、躍る影。
 攻めて、避けて、無駄のない洗練された両者の動きは、まるで舞いのようですらある。
「こっちも忘れてんじゃねぇぞ、オイ!」
 奏一朗がそこへ割って入る。
 感性に任せたその動きは、まさに野性の獣であった。
 調和は壊れ、だがリズムは保たれる、奇妙な戦場。翔子が、動いた。
「しーちゃん!」
 ベレトに指を突きつけて、彼女が連れる白き獅子が、魔将の首筋に喰らいついた。
「チィッ!」
 生じる、致命的な隙。それを逃すリュカでもなければ、奏一朗でもなく――
「消えろ」
「砕けろォ!」
 リュカの暗器に胸を貫かれ、奏一朗の拳に顔面をまともに撃ち抜かれて、ベレトの口から、煙草が落ちた。
「‥‥チッ」
 小さく、舌打ちをする。
「たかが俺一人にこんだけ手間かけてんじゃねェよ‥‥」
 ベレトの姿も消えていった。

「あなたは、何がしたかったの」
 傷を仲間に癒してもらったウィリディシアが、メフィストフェレスに問いを投げる。
 それはだが、同時に嘆きを漏らすようでもあり。
 赤い髪の魔将は、すでに周りを囲まれていた。
 エスターがいて、アークがいて、龍兵がいて――逃げ場は、ない。
「‥‥‥‥」
 メフィストフェレスは穏やかに微笑んでいるのみで、戦おうという気概は、一切見られなかった。
 実際、彼は戦っていない。
 攻撃をしない。
 攻撃も避けない。
 傷ばかりが深くなり、それでも彼は、笑みを崩さない。
 ――ゆえの、ウィリディシアの問いだった。
「‥‥何故」
 と、メフィストフェレスが口を開いた。
「何故、私や他の魔将までもが、ここに出てきたか、分かりますか?」
「‥‥なんとなく、は」
 ウィリディシアは、どこか自信なさげに答えを返す。
 元々、彼女はネビロスの死者蘇生に対する考察を、ある程度行なっていた。
「ファルス体は、その場にいる使者しか蘇生できなかった。でも、本体はこの場にいない死者も蘇生することができた。それは、大きな違いだわ。ただ‥‥」
「ただ?」
「何か、制限があると思うわ。もし、無尽蔵に死者を蘇生できるなら、私たちはとっくに、物量に押し潰されているだろうから」
 彼女の答えに、メフィストは小さく頷いて、
「なるほど‥‥」
「どうせ、答えは教えてくれないんでしょう?」
「何故、そう思うのですか」
「いつだって、そうだったじゃない」
 メフィストフェレスは肩をすくめる。
「二度と会えないって言っておいて、ね‥‥」
「私にとってもこれは想定外でして。まぁ、手帳さえなければ今度こそまみえることもなくなるでしょうが」
「手帳‥‥?」
 思わず聞き返したウィリディシアは、いつの間に持っていたのか、メフィストフェレスが片手にダガーを握っているのを見た。
 それはSINNが持っていたもの。つまりは、魔を裂く力を持っている。
「後のことは、よしなに‥‥」
「ちょっと‥‥!」
 だが、伸ばした手は届かずに、メフィストフェレスはダガーで己の首をゆっくりと薙いで、
「‥‥本当に、ズルいわ」
 影と消えたメフィストフェレスへと、ウィリディシアは呟いた。

「手帳とは、何のことですかな?」
 ダントンに問われたネビロスの表情は、硬く、厳しいものに変わっていた。
 ネビロスの手帳。それこそは彼の能力の根本とも呼べるものだ。手帳に真名が記された魔神を蘇生させるのが、この魔将の能力だった。
 彼は己の失策を、ここに来て自覚せざるを得なかった。
 ――所詮は揺らぐ陽炎であったか。
 刃を交えるダントンも、相手の思考こそ分からぬまでも、雰囲気より察するものはあった。
「私の評は、あながち間違ってもいなかったようですな」
 やはりネビロスは、ただ手助けに来ただけではないようだ。明らかに別の目的がある。
 だがそれはなんだ。
 今はこの場にいないベルフェゴールの蘇生辺りか、それどもレヴィアタンの本体か――
 一瞬の思案。それを、魔将は見逃さない。
「悩んだまま、倒れるがよい」
 彼は、サーベルでダントンの首を狙おうとした。

「ネビロスのサーベルを、射抜け!」

 だが声と、そして光の矢が割り込んできた。
 隙を伺っていたライラ・ルシュディー(sb2519)が、サーベルを魔法の一撃によって叩き折った。
「‥‥小娘!」
「ネビロス! ネビロス、ネビロス! ネビロス、さらにもう一丁ネビロスだァ!」
 ライラは気色ばむ魔将を標的として指定し、魔法を幾度も叩き込む。
 この連打には、さしものネビロスといえど身体をグラつかせて、
「フラウロス!」
「‥‥は!」
 命じられたフラウロスが悪魔魔法を放ち、それは壁に炸裂して派手な爆発を巻き起こした。
「‥‥しまった!」
 ネビロスの狙いに、ダントンが気づく。
 立ち込める煙の中に、彼はネビロスの姿を探そうとする。だがその直後に、世界は現実へと立ち返った。
 ――そして、軍服の魔将はいずこかへと消えていた。
「逃がしましたか‥‥」
「もう少しだったのだが」
 ライラも、悔しそうに唇を結んでいる。
 復活した魔神は全て消えていた。半魔や吸血鬼の骸が一面に転がっていて、戦いは、間違いなくSINNたちの勝利であった。
 だが、釈然としないものを、ダントンは感じていた。
 ネビロスの狙いとは、何だったのか――
 明らかにならないままに、こうして、第一階層の戦いは、終わったのだった。

●第二階層:不倒の魔
 隼人と保介怒りの感情をその身より開放した。
「ベヒモォス!」
 保介が怒号と共に撃った弾丸が、ベヒモスの脇腹に穴を穿った。
 彼が帯びているカルマの力が、無類を誇るはずの魔将の身に傷をつけたのだ。
「切り込むじゃん!」
 保介のカルマの範囲内より、リン・ブレイズ(sf8868)が重剣を手に切りこむ。
「‥‥‥‥ム」
 ベヒモスが、動こうとする。だがその瞬間に、彼女の姿は掻き消えて、
「おらァ!」
 重い刃が、ベヒモスの屈強なる太ももを切り裂いていた。
 カルマの力が働いている。戦えると、リンは思った。――だが、
「‥‥‥‥ム」
 ベヒモスが動いた。
「くぅ、あ‥‥!」
 ハンマーに等しい拳を受けて彼女の身体が地面の上をバウンドする。
 再生の魔法を成就していたおかげで、傷はすぐさま消えていくが、全く侮れない威力だった。
「こんにゃろ、これでも喰らうじゃん!」
 斬りつける。瞬間に、彼女は火の魔力を解放。不可視の爆裂と共に、轟音が響いた。
「エルプティ、どうじゃん!」
「‥‥‥‥ム」
 全くの、無傷。
 不運なことに、彼女が放てる最大威力の一撃は、ベヒモスの甲皮によって完全に抑え込まれてしまったのだ。
「反則‥‥! だったらもういっぱ‥‥」
 さらに魔法を重ねようとする彼女を、だがベヒモスの拳が殴り上げて、吹き飛ばす。
「‥‥‥‥ム」
「くぅ‥‥」
 傷は再生を開始しても、揺さぶられた意識はすぐには戻らない。そしてベヒモスが、その隙を突かないワケがない。
 地の獣王が今まさに地面を踏み染め、動こうとする。
 だがその背後に、クリシュナ・アシュレイ(sa0267)が撃った拳銃弾が命中する。
「凍れ! そのまま、凍れ!」
 クリシュナが構える拳銃には、氷の結晶が浮かんでいる。彼が操る凍結の魔法だ。
 完全に凍てつけば、いかなベヒモスとて動けなくなるだろう。クリシュナはほぼ弾丸が尽きるまで、トリガーを弾き続けた。
 だが彼の希望を砕くように、黒い霧が漂うこの場所で、響いたのは悲鳴にも似た絶叫。
 直後に、ベヒモスを覆っていた凍気は霧散して、魔将は彼へと向かっていた。
「‥‥ちくしょう」
 呟く、その顔面を、巨大な拳が四度、打って、打って、クリシュナが血を散らしながら倒れ伏した。
「調子クレてんな、デカブツがァ!」
 全身に怒気を漲らせ、隼人が突っ込んできた。
「ウオオオオオオオオ!」
 狼が、影と奔る。地の獣王が、それを迎え撃った。
 ベヒモスの拳が隼人の顔を狙って打ち下ろされる。彼はそれをかわすと、飛び上がって前蹴りをお見舞いした。
 だが硬い。あまりに硬い。ベヒモスを包む甲皮は、単純な人の膂力で砕くことができるような強度ではなかった。
 時間にして数十秒、一対一の戦いは続いた。
 この短い間に、繰り出した攻撃は互いに数十手を越えて、合計すれば百に及ぶかもしれない、怒気と殺意の応酬は、だが、決着を見るには到らない。
「クソッタレが!」
 巨拳を見切ってかわし、隼人は毒づいて渾身の一打をベヒモスの腹に叩き込んだ。
「ぐ‥‥!」
 痛みが返ってきたのは、こっち。
 強靭に過ぎるベヒモスの表皮に、叩いた拳の方が鈍い痛みを覚えていた。
 互いに加速した状態で、体術については隼人が明らかに上回っていた。しかし彼の拳では、その甲皮を貫くことはできない。
 時間が過ぎていく。隼人の中に焦りが募る。彼が己を加速していられる時間は、ベヒモスのそれに比べれば圧倒的に短い。
「‥‥‥‥ム」
 ベヒモスが、動こうとした。
「させないよ!」
 だが神代 翼(sb3007)の放った雷光がベヒモスの背中を打ち据えれば、続くようにエンジェリング達の魔法が、立て続けにベヒモスへと降り注いだ。
 その間に退いた隼人の方へ、保介が寄っていく。
「どうです‥‥」
「‥‥やっぱ強ェわ。シャレになんねぇ」
 保介は、隼人の口から垂れる血に気づいた。体術に優ろうとも、全ての攻撃を回避することはできなかったようだ。
 人間なのだから、いつでもベストのコンディションでいられるはずもない。
「チャラ鬼が霞んじまうくれぇの奴がいるとはな‥‥」
 彼は身体の中に疼く鈍い痛みをこらえながら、口元の血を拭った。
「大丈夫、隼人さん‥‥?」
 凛が心配そうに見つめている。隼人は「楽勝だ」と答えると、立ち上がり、保介を見た。
 言葉はなく、単純な、視線の交わり。保介は、それだけで充分だったのか、うなづいた。
 隼人は切り札の剣を抜き放ち、意識を集中する。
「いくぜ、デカ鬼!」
 隼人、再度の、そして最後の肉体加速。時間は、保って2分。

 ――総力戦が始まった。

 マリクが、残った矢を惜しみなく撃ち放っていく。
 矢は、だがほとんどがベヒモスにかわされて、ようやく当たった一矢も肩口。深いダメージには及ばない。
「沈めよ!」
 朧の銃弾も、しかし当たらず、ベヒモスは一気に間合いを詰めると彼の身をその巨腕で吹き飛ばす。
「朧さん!」
 マイアが駆け寄って、最後のサナティを彼に施した。
 魔結界なくとも、悪魔魔法によって速度を遥かに増したベヒモスは、それだけで恐怖に値する暴力装置であった。
「滅べ、悪魔よ!」
 サルヴァトーレが手にした鎚の魔力を開放し、高まった膂力でベヒモスを打たんとする。
 だがその鎚頭が、魔将を捉えることはなかった。ただの一度も。
 速すぎる。サルヴァトーレは声に出す前に、回し蹴りを喰らって吹き飛んだ。
「チッ!」
 マッケランが、苛立ち紛れに弾倉が空になったアサルトライフルを地面に投げ捨てた。
 最後の一発。そこに地の魔力を宿して撃った一弾もかわされてしまったのだ。
「――近付くしか、ない」
 リディアも己を加速さてせ、さらにベヒモスの背後に転移すると、その背中に向かって拳銃を突きつける。
 ほぼ零距離からの、ありったけのありったけ。
 銃口より火花が瞬いて、魔力光を纏った弾丸が、ベヒモスの皮膚に或いは刺さり、或いは弾かれた。
 傷は与えた。しかし仕留めるには程遠い。
「撃つのです、相手が素早いといっても面で捉えて攻め続ければいつかは当たります! とにかく、一斉発射ー!」
 萌の号令のもと、流歌や翼が広範囲に作用する魔法を放ち、うち幾つかは、ベヒモスを捉えた。
 吹雪も、稲妻も、決して威力は低くない。なのに、ベヒモスは倒れない。
 傷は確実に増えながらも、まだ――
「いいかげん、落ちるがいい!」
 アシェンが放った聖なる光を甲皮で弾き、ナイの槍をかわす。
 魔将の動きは鈍らない。傷が増え、傷が増え、傷が増えても、まだ、なおも。
「最後の‥‥!」
 クリシュナの、最後の弾丸。それを、ベヒモスはあろうことか、その手で軽く掴み取る。
 しかしその瞬間は、動きが止まる。狙っていたのは、凛と、リン。
「今度こそ――」
「ぶっちめてやるじゃん!」
 凛が鞭を絡ませる。腕ではなく、足だ。思い切り引っ張って、彼女はベヒモスの動きを一瞬、阻害する。
 そこへ、突っ込んだリンが重剣をベヒモスの太ももに深く突き立てた。重い手応え、確かに感じて、彼女はその場を離れる。
「デカ鬼ィィィィィィィ!」
「‥‥‥‥ム」
 隼人だった。剣を両手に握って、彼はベヒモスに最後の攻撃を仕掛けた。
 その攻撃は苛烈であった。今の、覚悟を決めた彼ともなれば、尚更に。
「オオオオオオオオオオオオオ!」
 隼人は全ての意識を、攻撃のみに向けていた。防御も何も捨てて、ベヒモスと真っ向から取っ組み合う。
 身を打たれ、血はしぶき、骨が砕ける感触があって、だが同じだけ、彼もまた魔将の身体をその剣で刻んでいく。
 数秒、それは僅か数秒の出来事。
 生死を分ける一瞬がここに集約している。
 だが――
 勝負を決める一瞬を得たのは、隼人ではなかった。
「嗚呼‥‥」
 思わず、声が漏れた。
 保介が拳銃をかざす。ベヒモスではなく、その足元に。
 刹那に思い返すのはパトモスの記憶。惨憺たる、屍山血河の光景――
「終われ」
 その呟きは、願い。
 今、万感を込めて、撃ち放った弾丸は、ベヒモスの周囲を漂う黒い霧を晴らした。
「‥‥‥‥ム!?」
 初めて、ベヒモスの声に、色が混じった。
「ここだァ!」
 彼はその剣と拳とで、一気にベヒモスを攻め立てた。奥の手は、その武器に纏う氷の結晶。僅か九秒間しか持たない、凍結の魔法だ。
 しかし加速した彼ならば、たったそれだけの時間でも、十を超える手数を繰り出せる。
 その攻撃の全てがベヒモスの巨体に叩き込まれれば、巨体は速やかに凍結し、加速された状態といえども動きは目に見えて鈍っていく。
 凍結を掻き消す残響は、キニスを祓われたこの場ではもはや機能しない。
「撃てェー!」
 完全に動きを止めたベヒモスへ、SINN達の、最後の総攻撃が行なわれる。
 魔法も、弾薬も、武器も力も、その一点に全てが注がれて――

「‥‥‥‥ム」

「クソ、がァ‥‥」
 その光景に、息も絶え絶えに隼人が吐き捨てる。
 ベヒモスは立っていた。
 凍てついた全身は傷にまみれ、誰が見ても満身創痍。いつ霧散化してもおかしくない、そんな有様で、なお。
「どこまでも、しつこい‥‥!」
 保介も、このしぶとさには呆れるしかなかった。彼は油断なく、ベヒモスへ近付いていく。
 キニスの浄化は、まだしばしは保つはずだった。
「我また天に他の大なる怪しむべきしるしを見たり――」
 保介が呪文の詠唱を開始する。それはメギド。魔を滅する、浄化の炎を生み出す魔法だ。
 彼はすでに知っていた。ベヒモスもまた、限界であることを。
 霧散化に到る直前まで及んでいるならばこれでケリをつけてやる。と、そう考えていたのだが――
 詠唱の最中に、彼は聞いた。
 ベヒモスの口から漏れる声を、聞いてしまった。

「‥‥‥‥レヴィア、タン」

 そのとき直感的に確信した。
 この魔将は霧散化直前なのではない。
 自らの意志で、霧散化せずにいたのだ、と。
 だが、
「――神の憤怒は之にて全うせらるるなり」
 呟きのように詠唱は終わって、巻き起こった白い炎がベヒモスの巨体を包み込む。
 終わってみれば、一瞬のことだった。
 浄化の炎が消えたのち、そこにSINN達を苦しめた巨人はもういなかった。
 完全に、消滅したのだ。
「終わった、か‥‥」
 隼人の意識はそこで断ち切られ、彼はその場にぶっ倒れた。
 仲間達の間に喝采が上がる。魔結界から彼らが現実に戻ったのは、そのときのことだった。
 保介は――彼は、ベヒモスが消えたそこを見つめていた。
 あの恐るべき地の獣王は、おそらく、はじめからここで命尽きるまで戦い抜くつもりだったのだ。
 己の主のために。
 悪魔といえど、いびつな主従であろうとも、思うところは様々であろう。
 それを余人が推し量ることなど、できはしない。考えるだけ無駄なこと、邪推に過ぎないのだ。きっと。
 だから――彼は今、自分が一番したいことを、することにした。
「ウ――」
 天を仰ぎ、大きく開いたその口から、保介はのどが張り裂けんばかりの叫びを、あげたのだった。
 【海魔の懐】ベヒモス――討伐、成功。

●第三階層:哀しき暴虐
 SINN達が総力を結集してなお、魔王は悠然と佇むのみだった。
「‥‥これが、魔王! だがァ!」
 ギィが、傷ついた身体を押してレヴィアタンへと挑んでいく。
 政宗もそれに続きはするが、すでに魔王の肉体は彼らの攻撃に完全に順応しており、いかな剛剣その皮膚を切り裂くことはない。
「‥‥‥‥捉えたぞ」
 テムジンが二度、狙撃を行なった。
 弾丸はレヴィアタンに見事に命中。だが火花が散り、弾かれる。今までと同じように。
「無駄ァ、無駄ァ、ァァア!」
「調子に乗ってんじゃねぇ、ガキ!」
 エルマ・グラナーテ(sj0377)が毒づくが、その額に浮かぶ汗は冷たく、表情は硬かった。
 彼女は己の瞳に、魔が宿す真なる名を暴く力を宿していた。しかしその目が映すのは、幾十幾百にも切り替わる有象無象の影姿。
 伝承に語られるほどの魔は、その存在の大きさゆえに幾つもの名を併せ持つのだ。
 ならばと、エルマが成就したのは、一か八かの封印の荊。
「む、無駄と、言ってる、い、言ってるだろ、ォ、にィ!」
 だがレヴィアタンは無造作に光の荊を掴み千切ると、エルマの懐に飛び込み、強烈な蹴りをお見舞いした。
「カハ‥‥ッ」
 ついた勢いにエルマは体勢も直せないまま、転がって、
「かみさま‥‥」
 エルマへ、追撃を仕掛けようとしていたレヴィアタンが、その声を聞いて振り向く。
 今、まさに神へ祈りを捧げていたハルキュオネ・バジレア(sh3934)が目に入った。
「か、かみ‥‥! 神なんかに、い、い、祈るなァァァ!」
 大きく勢いをつけて、血相を変えたレヴィアタンがハルキュオネの胸に拳を叩き込んだ。
 肉体的に強くないエンジェリングが、それに耐えられる道理はなく、彼女の命はその一撃に散った――かと、思われた。
 だがハルキュオネが身に着けていた金貨が代わりに砕け、彼女は全くの無傷で済んでいた。
 レヴィアタンの顔が、ますますの怒りに覆われる。
「なんでだ、な、な、なんで死なない! 死ねよ、殺したら、し、死ねよォ!」
「死んで、たまるか‥‥」
 誰のものとも分からぬ声。しかし力と、決意を宿して、SINN達が立ち上がった。
「ぐ、く‥‥!」
 自らと向かう合う多くのSINNを前にして、レヴィアタンは歯を軋ませた。
 彼女を前にした全ての生き物は、恐怖に跪き、許しを請う罪人の如く震えるはずなのに。
 なのに‥‥
 なのに――!
「キ、キィィィィィィィ!」
 思い通りに運ばない状況にいきり立ち、自分の髪を掻き毟りながら、魔王の身から噴き上がる殺気はさらにその濃さを増した。
 だが今さら、臆病風に吹かれるようなSINNではなかった。
「やるしかねぇなら!」
 村正がサンクトゥアリィによってレヴィアタンを異空間に隔離し、自身を二人に分身させる。
 そして立て続けに放たれた火球が、二度、レヴィアタンの矮躯を焼いた。
「‥‥キ、ヒヒ、ヒ!」
 だが一度目はかすかに通じ、二度目は完全に、意味をなさない。順応したのだ。
 戦えば戦うほどに、SINN達の攻め手が激しさを増すほどに、魔王は完全なる無敵へと近付いていく。
「それでも‥‥、無傷じゃねェ‥‥!」
 言って、ギィが血を吐いた。マリアが彼の名を悲痛な声で叫んだ。
 彼の言うとおりではある。SINNの攻撃の全てが、通じていないワケではない。順応する前の、『最初の一撃』だけは、通じるのだ。
 だが手数が足りていない。相手は魔王。最上位の悪魔なのだ。
 戦闘力も、耐久力も、生命力も、その全てが常軌を逸している。
「お、お、終わり、か‥‥、この程度で、何が、か、神の使徒だ‥‥、何が、聖なる純潔、だ!」
 嘲笑うレヴィアタンの足元に、戦士達は横たわっていた。
 心は折れずとも、実力の差は、それだけでは埋まらなかった。
「よ、弱い、弱い弱い、よわ、弱い‥‥! 弱いンだよォォォォォォ!」
 サンクトゥアリィの時間が終わり、再び戻った現実空間に、魔王の雄叫びがこだまする。
「か、神の子‥‥!」
 魔王がしつこく、マリアを狙おうとする。
 周りで、SINN達が呻いているが、それを意にも介さない。
「‥‥ゥ」
 呻いて、マリアは武器を抜こうとした。
 だがレヴィアタンは彼女に迫ろうとするその途中で足を止めた。マリアの肩越しに自分を狙うパラディンの姿が見えたからだ。
 キリリと、弦を引き絞り、鷺沼 妙子(sp1602)が弓を構えている。
「に、人間‥‥、まだ、無駄なこと‥‥!」
「シッ!」
 鋭い声と共に、一矢がマリアの横を過ぎ、レヴィアタンの肩に突き立った。
「カハ、ハ! ハハ! く、くだらない、くだ、らない! この、くら――」
 さらに一矢、今度は胸に命中。突き立った。
「‥‥あ?」
 口をあんぐり開けたまま、魔王は突き刺さった二本目の矢を見下ろした。
「初音、次」
「うん、タエ!」
 児玉 初音(sp1503)が、妙子に次の矢を渡す。妙子はすぐさま弓を構えると、これを発射。
 矢が、レヴィアタンの右目を射抜いた。
「ア‥‥、あがッ‥‥! アアアアアアアアアア!?」
 さらに三矢、妙子の矢が、レヴィアタンの身体を貫いた。
「な、な。なン、で! 何で、な、何で、エェェェェェ!?」
 自らの身体が矢に順応しないことが、レヴィアタンに強い動揺を与えていた。
 タネを明かせば理由は簡単。妙子は魔王の能力を警戒し、事前に複数種類の矢を用意していたのだ。
「‥‥あんたに今度なんて無いよ」
 静かに告げる彼女の、魔王に大きな痛みと動揺を与えたその姿は、倒れ伏しているSINN達の戦意を呼び起こすのには、充分すぎる勇姿であった。
「まだ、いける‥‥」
「相手が、魔王だって‥‥!」
 立ち上がり、起き上がる。武器を手に、砕けた防具を纏いながらも。
 流れた血が地面に滴らせ、戦士たちは立ち上がる。その姿は、まさに不屈。
「く、ク、クソ! ど、どい、どいつも、こ、こいつも!」
 また足で地面を叩きはじめるレヴィアタン。その外見からして、もはや子供の癇癪にしか見えない。
 そんな彼女へと、三輪山 珠里(sb3536)が近付いていった。
「ね、あの‥‥」
「な、なん、だよ、何だよ! こ、殺されに、きたのか、き、きたのか!?」

「――もう、やめない?」

 と、珠里は、レヴィアタンに言った。
 何故だか、彼女にはレヴィアタンが見ていられなかった。
「‥‥‥‥ア?」
「その‥‥、も、もうやめた方が、いいかな、って‥‥」
 おどおどと言ってくる珠里に、レヴィアタンは一瞬唖然としてから、がなった。
「ころ、殺して、やる‥‥! わ、私が復活したら、さ、さい、最初に、殺して‥‥!」
「ダメ! やらせないよ!」
「そーだよー、ゆるさないんだからー」
 いきり立つレヴィアタンへ、柴神 壱子(sa5546)が言って、ハルキュオネと共に、珠里を庇うように前に立った。
「三人とも、逃げて‥‥!」
 と、マリアが叫ぶ。しかしレヴィアタンは動きを見せない。
「壱子さん‥‥、あの‥‥」
「大丈夫だよ。クリスマスを、みんなで迎えられるから」
「‥‥うん」
 言葉を交わす友人たちの姿を見て、身をわななかせて魔王が吼えた。
「ベ‥‥、ベヒモス‥‥、こ、来い、ベヒモス‥‥! い、今、今すぐにだ! べ、ベヒモス‥‥、ベヒモォォォス!」
 悲鳴にしか聞こえない絶叫だった。
 だが返ってきた答えは――

「ベヒモスだったら、死んだぜ」

 マリアが、その声に振り返ると、聖堂の入り口に二人のクレスニク――ルナールとアンナリーナの姿があった。
 後ろには、途中で合流したと思われる、傷だらけのSINN達もいる。第二階層で戦った面々だ。
「はァ?」
 レヴィアタンは素っ頓狂な声を出して、
「お、おまえら、な、何、何、言ってる‥‥? ベヒモス、し、死ん‥‥?」
「‥‥それだけじゃねぇぞ」
 身を震わせるレヴィアタンへ、ルナールが放り投げたのは、特殊通信機だ。
 そこに映っている者に、魔王の目は釘付けになった。
「‥‥‥‥べ、ベルフェゴール?」
「――え?」
 その名に、マリアは聞き返していた。
 ベルフェゴールは、この遺跡の入り口で、討伐されたのでは――?
 アンナリーナが、悲痛な面持ちで、レヴィアタンを見ていた。
「レヴィアタンが言ってたプレゼントっていうの、気になって、調べてたの。そうしたら、ベルフェゴールが消えた後に残ってた円盤のことを思い出して‥‥」
 通信機に保存されていたのは、ルークス市国で解析された円盤の中に残っていた電子信号を映像化したものだった。
 そこには確かに、肉体構成によって人の姿に化けたとおぼしき、ベルフェゴールが映し出されていた。

『おひとよしのSINNさんへ〜、この映像見つけたらレっちゃんに教えてもいいよ〜。私、陽炎にいくね〜。
 レっちゃんは〜、面白い観察対象だったけど〜、ノリが合わないから海魔やめるね〜。ヘルメスちゃんも来ていいって言うから〜。
 あたし〜、新しい【陽炎の腕】になるね〜。じゃ〜ね〜、元気でね〜、バイバ〜イ』

「嘘だ‥‥」
 手から通信機を落として、レヴィアタンが自失して膝を突いた。
「プ、プレゼント、くれるって‥‥、ベル、フェ‥‥」
 その瞳は見開かれたままで、しかし、もはや何も見えてはいない。
 これがプレゼントというのならば、なんたる悪意か。
 見ていれば分かる。
 レヴィアタンにとって、ベヒモスとベルフェゴールは、己の部下であり、そしてきっと、それ以上の――
 地が震える。
 これまでよりも、なお、大きく、なお、強く。

 オオオオオオオオォォォォォォォォォォ――

 どこかから響く鳴動。違う。これは嘆きだ。
 壁の中に封じられているレヴィアタンの本体が、悲哀に泣き咽んでいるのだ。
「この揺れ、やべぇぞ!」
 震えが、大きくなっていく。聖堂の壁に亀裂が生じた。
「マリアちゃん、封印は‥‥!?」
「え、あ‥‥!」
 壱子に言われ、マリアはハッとした。そう。彼女がここまで来た理由は、それだ。
「えっと――」
 封印の存在。感じてはいる。マリアは天井を見上げて、指をさした。
「あ、あそこだよ、イチコ!」
 高い場所に確かに、何か光るものが見えた。
「よし、ゴンスケ――」

「ま、まだだァァァ!」

 壱子が、自身の愛用パペットを飛翔させて、封印の回収に向かわせた。
 だが直後に声が響き、マリアと壱子は、レヴィアタンへと意識を戻す。
「ベヒモス‥‥、ベ、ベヒモスは死んでない、し、死ぬわけ、な、ない‥‥! ベヒモスは‥‥!」
 もはや、縋っているようにしか見えない。
 圧倒的な力を持ちながら、この魔王はどこまでも幼かった。
「ここに、みんないる。ベヒモスと戦ったみんなが、いるから。ベヒモスはもう‥‥」
 珠里の言葉も、だが、興奮しきっているレヴィアタンには届かない。
「う、ウゥゥゥゥ、うるさい、う、うるさい! うるさァァァい!」

 オオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォォォォォォォォォ――

 レヴィアタンの嘆きに呼応して、本体もまた嘆いた。
 揺れが強くなる。壁に走る亀裂が、加速度的に増していった。
 光が溢れた。
 上から、降り注ぐ。それは、第四の封印がもたらした光だった。
「‥‥‥‥ァ」
 レヴィアタンが天を仰いで、動きを止めた。
 彼女はそこに見た。地の獣王が、自分の名を呼び、消え去る光景を。
 誰かの祈りがもたらした神の奇跡によって、地の獣王の滅びを知ってしまった。
 魔王の中で、何かが切れた。

「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」

 両手で頭を抱え、レヴィアタンは絶叫する。悲嘆に、絶望に。
「逃げた方が‥‥!」
 揺れがいよいよ、その強さを増してくる。
 誰かが進言してくる。
 だが壱子が、まだ、封印を回収しようとして――
「え‥‥?」
 五感を共有し、ゴンスケの視界を通じて封印の祭壇を見ていた壱子が、小さく声を上げた。
「イチコ、どうしたの‥‥?」
 問いかけたマリアの背後に、上から何かが落ちてきて、ガシャン、と、音を立てた。
 振り返り、確認すると、それは壊れたゴンスケだった。
「ゴ、‥‥どうして!?」
「ネビロス‥‥。ネビロスがいたよ!」
 顔色を蒼白にして、壱子が叫んだ。

「一手、遅かったな」
 ネビロスは、淡い光を漏らす封印の器を、その手でしっかりと握っていた。
 ダントンが推測した通りだった。
 彼の目的は、【海魔の軍勢】への助力などではない。封印の奪取だったのだ。
 第一階層での戦いののち、彼は自らを霊体に変えて地に潜り、第三階層までショートカットしてきたのだ。
 もし、彼の目的にまで気づいている者がいたら、或いは結果は変わっていたのかもしれない。
 だが封印を守るのに、パペット一体ではどうやったところで、力不足ではあった。
「帰投する」
 呟きと共に、彼は転移のアミュレットを使って、その場から姿を消した。
 封印の器は奪われた。
 それが――この戦いの結果の一つであった。

 地の鳴動は極まって、聖堂が、そしてこの遺跡全体で、崩壊が始まっていた。
 床の一角が崩れて、溶岩が滲み出ている。
「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」
 溶岩に囲まれながら、魔王はなおも嘆き続ける。
「みんな、逃げて!」
 マリアが必死に叫んだ。このままでは、生き埋めになりかねない。
「でも、レヴィアタンの本体が‥‥」
 言う仲間に、マリアは首を横に振った。
「もう、復活しない。‥‥できないから」
 それは確信であった。レヴィアタンは、もう、復活できない。
 彼女の言葉を証明するかのように、聖堂の壁面から垣間見えていた巨大な瞳は、いつの間にか消えていた。
 復活は、レヴィアタン自身の強い渇望があってこそのもの。
 だが魔王の心は、もはや砕けているがゆえ――
「だから、行こう!」
「あ、ああ‥‥」
 SINN達が撤退を開始する。
 その中で、珠里は最後にもう一度だけ、嘆き続けるレヴィアタンを見た。
 彼女には、嘆く魔王の姿が、泣いている少女にしか見えなかった。
 程なく、噴火が始まる。
 SINN達が遺跡より完全に撤退した直後に、地は割れ、溶岩が爆ぜ、高く高く、火柱が噴き上がる。
 中に魔王を残したまま、封印の遺跡は溶岩の中に没していった。

「‥‥終わった、んだよね」
「‥‥‥‥」
 艦船ローランに戻って、壱子は呟いた。
 珠里には、答えられなかった。
 現実感がない。戦いは確かに終わって、【獣の軍勢】の一角、【海魔の軍勢】が事実上、瓦解したのに。
 休憩室になっているそこで垂れ流しになったままのテレビを見ると、画面の向こうで九門 蓮華(sa0014)と久留須 以久(sq2919)が歌っているのが見えた。
 そういえば、二人は今日は何かの番組に出ると言っていたっけ。
 アガタ・フォーシュベリ(sd3867)も番組の裏方として頑張ると、張り切っていたのを覚えている。
 自身の知人がテレビに映っているという小さな偶然。これもまた主の采配であるというなら――
「祈っているの、珠里‥‥?」
 マリアがやってきた。
「う、うん‥‥」
「何に、祈っているの?」
「‥‥み、みんなが、幸せに、なれますように、って」
「そう‥‥。素敵なお祈りだね」
 そして壱子とマリアも祈り始める。
 時刻は零時を回り、今日はクリスマスイヴ。
 せめて今だけは安らぎを。
 そう願って、少女達は、静かに祈りと願いを、天に捧げるのだった。

MVP
ダニエル・ダントン (sa2712
♂ 人間 パラディン 地
柴神 壱子 (sa5546
♀ 人間 ハンドラー 風
狼牙 隼人 (sa8584
♂ 人間 パラディン 風
三輪山 珠里 (sb3536
♀ 人間 エンジェリング 風
烏ツ木 保介 (sd0147
♂ 人間 エクソシスト 風
エリオット・フレイザー (si0562
♂ 人間 ハンドラー 水
鷺沼 妙子 (sp1602
♀ 人間 パラディン 地
ルナール・シュヴァリエ (sp6369
♂ 獣人 クレスニク 水
雫石 結氷 (sp9763
♂ 獣人 クレスニク 水
アリス・フリュクレフ (sq1159
♀ 獣人 クレスニク 水

参加者一覧
九門 蓮華(sa0014)H水 轟 弾護(sa0018)H風 志島 陽平(sa0038)K地 レティシア・モローアッチ(sa0070)H水
アルベルト・ルードヴィッヒ(sa0074)E火 ミリーナ・フェリーニ(sa0081)P火 煌 宵蓮(sa0253)P水 クリシュナ・アシュレイ(sa0267)P水
栄相 サイワ(sa0543)E地 栄相 セイワ(sa0577)A風 陸奥 政宗(sa0958)P火 アビス・フォルイン(sa0959)E水
ユビキタス・トリニティス(sa1273)H風 アイン・ネーダー(sa1289)A火 ニア・ルーラ(sa1439)H水 メイリア・フォーサイス(sa1823)A風
ヤズゥン・ディガ(sa2434)P火 ダニエル・ダントン(sa2712)P地 柴神 壱子(sa5546)H風 アントーニオ・インザーギ(sa5938)H風
テムジン・バートル(sa5945)P水 狼牙 隼人(sa8584)P風 御剣 龍兵(sa8659)P風 平柳 アレクセイ(sa8945)H地
須経 蘭華(sb0118)E地 ナイ・ルーラ(sb0124)E地 皆本 愛子(sb0512)H地 ライラ・ルシュディー(sb2519)A地
神代 翼(sb3007)A風 三輪山 珠里(sb3536)A風 アドリアン・メルクーシン(sb5618)P火 ラティエラ・テンタシオン(sb6570)A地
ハーケン・カイザー(sc1052)H風 房陰 朧(sc2497)H風 カーク・ルッフォ(sc5283)E風 癒槻 サルヴァトーレ(sc5529)E風
烏ツ木 保介(sd0147)E風 マイ・スズキ(sd2903)E火 媛 瑞玉(sd3404)P風 アガタ・フォーシュベリ(sd3867)H風
イーノク・ボールドウィン(sd3868)A火 アシェン・カイザー(sd3874)E火 リュドミラ・マシェフスキー(sd4001)A地 リディヤ・ジュラフスカヤ(sd9570)P風
デミル・ウルゴスティア(sd9633)E地 ビート・バイン(sf5101)P火 村正 刀(sf6896)A火 十文字 翔子(sf7297)A風
リン・ブレイズ(sf8868)P火 ギィ・ラグランジュ(sf9609)P地 アルフォンス・ヴィヴィエ(sf9647)A地 轟 琳瑚(sg2457)P火
ラルフ・フェアウェイ(sg4313)E風 ラミア・ドルゲ(sg8786)P風 宅間 馨(sh1949)H風 メーコ・カトウ(sh3828)K風
ハルキュオネ・バジレア(sh3934)A水 酒匂 博信(sh4156)P地 ダニエル・ベルトワーズ(sh5510)A水 エリオット・フレイザー(si0562)H水
オルフェオ・エゼキエーレ(si1323)P地 道摩 歌留多(si1427)A地 御剣 四葉(si5949)E水 風祭 鈴音(si5986)A風
ミラベル・ロロット(si6100)H風 シャーロット・エルフィン(si6767)H水 ブリギッタ・ブライトナー(si7746)P火 エルマ・グラナーテ(sj0377)E水
ウィリディシア・クレール(sj3049)E地 エティエンヌ・マティユ(sj6626)E地 マイア・イェルワジ(sj7576)A地 花枝 美咲(sk2703)A水
リュカ・フィオレンツィ(sk3006)P水 ジェーン・ミフネ(sk6098)E風 テオ・マリピエーロ(sk8101)E水 文倉 羽留(sn2556)A風
実和 真朋(sn6429)H水 九門 桔梗(sn6431)A火 トウマ・アンダーソン(sn7273)P地 ジュラルディン・ブルフォード(sn9010)H風
ダニエル・マッケラン(so1035)P地 アンネリーゼ・ブライトナー(so1524)E火 ローウェル 一三(so2674)A水 茂呂亜亭 萌(so4078)A風
ノーラ・ローゼンハイン(so6720)H火 サラ・オブライエン(so7648)H水 御剣 キョウ(sp0401)P水 厳島 雪花(sp0998)E風
小茄子川 隆人(sp1454)H火 エテルナ・クロウカシス(sp1494)A風 児玉 初音(sp1503)A火 鷺沼 妙子(sp1602)P地
有栖川 彼方(sp2815)P火 神楽坂 凛(sp3316)E風 マリク・マグノリア(sp3854)H水 ヴェルンハルト・ラヴィーネ(sp3868)E水
ドワイト・カーバイン(sp3893)H水 ブランシュ・ブランシャール(sp4332)A風 碇矢 未来(sp5129)P火 ウルセーヌ・モローアッチ(sp5281)H地
荒井 流歌(sp5604)A水 ニーチェ・シュートラー(sp6098)K火 ルナール・シュヴァリエ(sp6369)K水 ラチェット・トーン(sp6693)K風
アンリ・ラファイエット(sp6723)K水 シュナイト・ヴァール(sp7330)K地 ポワン・ポワン(sp7345)K火 オリヴィエ・ベル(sp7597)K風
雫石 雪凪(sp8252)K火 鷹宮 奏一朗(sp8529)K火 セイディ・ゲランフェル(sp8658)K水 ゴスタ・ユオン(sp9246)K火
シャムロック・クラナド(sp9296)K風 アンナリーナ・バーリフェルト(sp9596)K風 雫石 結氷(sp9763)K水 エスター・ゴア(sq0475)K風
イーゴリ・トルストイ(sq0700)K地 アーク・カイザー(sq0753)K火 アリス・フリュクレフ(sq1159)K水 アスラン・ノヴァク(sq1286)K地
ヒメコ・フェリーチェ(sq1409)K風 オズウェル・クローチェ(sq1494)K水 ラティーファ・アミン(sq2900)E水 久留須 以久(sq2919)K風
カイ・オウミ(sq3050)A水 南郷 龍馬(sq3216)A風 ラウラ・シリングス(sq3234)A地
Back